スポンサードリンク

歯磨きと腹筋とブログの違い

写真 2013-12-09 21 02 19


継続は力なり、とはよく聞くし、実際ひとつの真実である。

ブログに関しても、続けることが何より大事だし、続けなければ価値を持たない。

取り敢えず3ヶ月頑張って更新し続けて、更新しないと気持ち悪くて寝れないみたいな状態になったらこっちのもんです、歯磨きみたいに。みたいな文章をよく見かける。

でも歯磨きしないと気持ち悪くて寝れないのって、生理的な気持ち悪さで。
「今日までせっかく歯磨き続けてきたんだから、ここでやめてしまうのはもったいないな」みたいに誰も思わない。

歯磨かないと口の中が気持ち悪くて寝れない、っていうだけ。

となると、ブログを更新しないと気持ち悪くて寝れないっていうのは、継続してきたことを中断することによる気持ち悪さだろうか?
「やるべきことをやってない」という気持ち悪さはあるかもしれない。
そう考えると、筋トレに似ているのかなと思った。

毎日腹筋や腕立てなどの筋トレをしていると、1日でも休むことに異様な罪悪感というか居心地の悪さを感じる。
休んだことによって、体が元通りになってしまうんじゃないかとか、それこそ「やるべきことをやってない感」が半端ない。

私は腹筋をずっと続けていて、毎日ではなくても最低週5日は風呂あがりの腹筋を習慣にしている。

それが、iPhoneアプリのGood Habitsを使い出してから連続達成記録を更新し続けている。
(これは日々の習慣を何日連続で続けられているかを記録できるアプリです)

飲みに行く日でも、あと5分で出発しなきゃ!という時でも必ず腹筋してから出掛けている。

これは明らかに「継続を中断したくない」という心理から来る行動だ。

腹筋はやることが決まっている。
毎日決められた回数を、義務的に、機械的にこなすだけだ。
創造的思考も、論理的解釈も必要ない。
ただやればいいのだ。

でもブログって、ただ更新すればいいってもんじゃない。
そこには「クオリティ」があり、「読者」がいる。
そして「メッセージ」がなければならない。

私はブログを更新しなくても全然気持ち悪くなんかないし、ぐっすり眠れる。

ただの反復活動でいいものと、反復活動になってしまってはいけないものがあると思う。

私がブログを更新するのはそれをやめてしまうことへの罪悪感からではない。
「自分は何かを表現できた」という肯定感を味わいたいからである。

継続することが目的なのではなく、継続した上で何が生み出せるのか、ということが重要なのだ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク