スポンサードリンク

なんらかの物差しがなければ本当の自分の価値と価値観が曖昧

55_00

こちらの記事で知ったこの方、スタイリストのMASAHさん。

ゴールドのクロムハーツが好きというところに興味をそそられ読んでみたのですが、この人めっちゃカッコイイ。

ゴールドの時計やアクセっていやらしくなりがちなんですが、この人の場合とても清潔感がある。
住んでる家もシンプルで綺麗。
個人的にクローゼットの中に並ぶ白シャツとシューズボックスがたまりません。

55_06


記事の内容
もとても良かったです。

”車に限らず時計はもちろん、買い物で高額になればなるほど信じられないぐらいリサーチします。根が貧乏性なので100%に近い納得がないと購入できないんです(笑)。”

”不可能を可能にして下品を上品にして最後は笑われる事に全力をそそいでます。無駄な努力は嫌いじゃないです(笑)。”

”昔と違って今はほとんど車の中では音楽を聞きません。一番考える場所がいつのまにか車内になっていたので居住性も求めるとカイエンは正解だったと思います。”

「一番考える場所が車内」っていう感覚は分かる気がします。
何かに集中している時のほうが、パッと別のアイデアが浮かびやすい。
考えてみれば、車の中ほど「自分だけの空間」って無いかも。

55_02

55_03

”時計、好きですね~。大好きです。欲の塊ですよ。 時計の数だけ婚期を逃したかも(笑)。”

”話はちょっとズレますが、何かを探したり調べる事によって結果的にそれ以外の事を学んだ自分が多分すごい好きなんです。どうしても欲しい時計がベルギーにあって、ベルギーまでの旅程を調べたりその場所のホテルやおいしい物を探したり、マイルと相談してどこを経由するのが早いとかどの便が新しい機種だとか提携している航空会社のメニューとか、時計に始って結果的に沢山の事を学ぶとその時計にもっと価値があるように思えて愛着もわくんです。無理矢理大切にする術ですね(笑)。”

こういう考え方が出来る人ってすごい好きです。
大好きなことから、もっと沢山のことを学ぼうとすること。

”ちなみにクロムハーツは「養育費」と呼んでいて、状況により「慰謝料」に変わる可能性もあるので細心の注意をはらってます(笑)。半分冗談ですが、こういう買い物の仕方は間違ってなくはないのかもしれませんよ。このご時世。僕の見栄っ張りは景気に左右されるような薄っぺらな物ではないんで。 ”

私も一時期はクロムハーツのために仕事しているようなものだったのですが、最近は全然足を運べてないです。
でも「欲しいモノがある」ということは強烈なモチベーションになるので、また近いうちに行ってみよう。

”車も時計もそうですが、いつかこんな暮らしがしたいという若かりし頃の想いを実現させた達成感に浸る重要なアイテムだと勝手に思い込んでます。 さらには今のこの環境は永遠ではなくこれを維持する事、もっと高いステイタスを手に入れる事を目標として自分に言い聞かせる発奮材料とも言えますね。”

”はっきりと恥ずかしげもなく言いますが、僕はとんでもなく周りを気にします。なんならみなさんの年収を聞いて廻りたいぐらいです(笑)。なんらかの物差しがなければ本当の自分の価値と価値観が曖昧じゃないですか。周りを気にしないで、やりたい事をやって、結果も気にしない。は、わかります。周りを気にしないで、やりたい事をやって、結果は気にする。は、ちょっとちがいませんか?周りを気にして、やりたい事をやって、結果を気にする。臆病なようですがクリエイターとして仕事をするというのはどういう事かを考えながら働いてます。ただそれをおもてに出してしまうと人によっては弱さとなって見えるから、だから僕は見栄を張るんでしょうね(笑)。”

「なんらかの物差しがなければ本当の自分の価値と価値観が曖昧」という言葉にはとても考えさせられました。
そうかな?と思う部分と、確かにそうかもな、と思う部分両方あります。

自分の価値と自分の価値観。
ちょっと真剣に考えてみよう。

”スタイリストに限らずたくさんのクリエイターの方を見ていると経験が全てなんだなと思います。僕は僕にしかできない経験を武器というかネタにしなければいけないし、その為に消費もしています。”

➤SHIPS MAG vol.1 スタイリスト MASAH

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク