スポンサードリンク

おじいさんは山へ金儲けに−時として、投資は希望を生む

村上龍のこちらの本を購入しました。

「おじいさんは山へ金儲けに−時として、投資は希望を生む」

文庫本ですが、一応「絵本」となっているようです。
以下、「はじめに」より抜粋。

”この絵本は、「投資」の概念と、その基本的知識を提供することを目的にしている。
材料として、日本の昔話から代表的な十一遍を選び、目的にフィットするようにアレンジを加えた。”

”日本の昔話の主人公は、正直者の良いおじいさん・おばあさんと、欲張りで悪いおじいさん・おばあさんという風に分かれている。
しかし両者は、無知で貧しいという点で共通している。
たいていの場合、欲張りで悪いおじいさん・おばあさんは物語の中で非常な不利益な被って悲惨な結末を迎え、正直者の良いおじいさん・おばあさんは必ずハッピーエンドとなる。
だが実際には、無知で貧しい人々は、正直者だろうが欲張りだろうが、経済的に成功するチャンスなどなかったに違いない。”

”しかし現代で重要なのは、正直に生きるか、欲張りになるかではなく、いかにして無知から脱却するかだ。”

”この絵本は、そういう時代に、だまされないためにはどうしたらいいかを考えるために作られた。
つまり、政府や金融機関の誘惑に乗せられるのではなく、あるいは逆に市場に背を向けてしまうのでもなく、投資という重要な概念を知り、基礎的で本質的な知識を身につけようという目的で作られた。
だまされないための方法は、たった一つしかない。
「知る」ことだ。”

”投資は、この絵本の第一条にあるように、時として希望を生む。
現在から将来に向けて、自分の利益となり、自分自身の生の充実を支える何かが育っているという意識・感覚、それが希望だ。ひょっとしたら、投資と希望は同義語なのかも知れないと思うことがある。”

「はじめに」から既に格言だらけなのですが、本編は村上龍がアレンジした日本の昔話、十一遍から成っています。
またそれぞれの章の解説を、村上龍が「もっとも信頼する金融マン」と称する山崎元氏が書かれています。
山崎さんはJMMというメールマガジンでも執筆されています。

ではそれぞれの章と、その中で私が特に気に入った一節を紹介したいと思います。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

第一条「かちかち山」

-時として、投資は希望を生む

“地球を救ったのは、おばあさんの入れ歯を別にすると、ウサギの知識でした。
おばあさんは、自分が持っていた希望が本物だったことを知って、とてもうれしくなりました。~本編より”

”希望のないところに投資は成立しません。”

”人生の選択を「投資」ととらえると見通しがよくなることがしばしばあります。~解説より”

第二条「桃太郎」

-将来の価値と現在の価値を比べるという考え方が基本だ

”おばあさんは、おじいさんのような、何の能力もない男と結婚してしまったことを後悔していたので、今日という一日の使い方によっては明日が変わってくる、ということに気づいていたのです。~本編より”

”判断の根本になるのは、将来の価値と現在の価値の比較です。~解説より”

第三条「浦島太郎」

-投資したお金は、単なる「賭け」ではなくて、働いている

”世の中には、もっと面白いことがあるんではないかな。わたしたちには想像もできん面白いことがあって、それは弱いものをいじめるよりも、百倍も、千倍も、面白いのかもしれんぞ。
世の中には、二つの種類の人間がいると考えてみたらどうだ。
弱いものをいじめて面白いと満足してしまう人と、それよりももっともっと面白いことを知っている人だ。
わたしは、もっともっと面白いことを知りたいな。~本編より”

”株式や不動産への投資はリスクを伴いますが、このリスクは単なるギャンブルのリスクとは経済的性質が異なるということです。~解説より”

”投資家がある対象にお金を投じるか投じないかということで、世の中で現実に行われることが変わります。~解説より”

第四条「一寸法師」

-投資について、自分で納得できないことはしなくてもいいし、してはいけない

”家族を作るだけで人生が幸福なものになるというのは、大嘘です。
幸福な家族を作るためには、努力が必要ですし、不幸にならないためには、お金が必要なこともあります。~本編より”

”投資の世界に限らず、消費一般にも通用する経済常識なので、よく理解して下さい。
行動のうえでは、文字通り完全にわかって納得したもの以外には投資しないということで結構です。~解説より”

”もうひとつ肝心なことは、よく分からない商品への投資を見送ったからといって、その決定自体がその時点で投資家の損を意味することはほとんどないということです。~解説より”

第五条「さるかに合戦」

-リスクは計算された不確実性であり、大まかでも検討をつけることが大切だ

”将来どうなるかわからないことを指して「不確実だ」といいますが、「リスク」はこの不確実性を数量的にとらえたものです。~解説より”

”肝心なことは、お金に関しても、大まかでもいいから、リスクを具体的にとらえて意思決定するということです。~解説より”

第六条「わらしべ長者」

-リスクなしにリターンは増えないが、ハイリスクがつねにハイリターンというほど世の中は甘くない

”あるところにとても貧乏な男がいました。
男が貧乏だったのは、世の中のことを何も知らなかったからです。世の中の仕組みや、基本的な考え方を何も知らない人は、常にだまされて生きなければいけないので、幸福になるのがとても難しいのです。~本編より”

”「ハイリスク・ハイリターンの原則」は、歴史的には証明も否定もされていません。~解説より”

”「絶対に……だから」という理由でないと意思決定できないという思考習慣は、人生をとても不自由につまらなくしてしまいます。~解説より”

第七条「花咲かじいさん」

-一人一人はお金について違ってることを認識せよ

”「わしには、自分の田畑も、土地もない。だから、十分に自分の頭を使うしかないんじゃ。
耕している田畑も、住んでいる土地も家も、他人さまのものだが、わしの頭だけは、だれのものでもなく、わしのものだからな。~本編より”

”広い意味では「自分自身」も資産として意識するべきだということになりますし、また、将来の自分自身の稼ぎの能力に対して投資する(例えばトレーニングしたり、勉強したり、経験を積んだりする)ことが金銭的にも最も有効な投資だ、ということがしばしばあるでしょう。~解説より”

”自分自身の価値が低下するときに、運用資産の価値がこれを補ってくれれば理想的だということです。~解説より”

”借金がある人は、ほとんどの場合、借金の返済以上に効率のいい運用方法はありません。~解説より”

第八条「舌切りすずめ」

-資産運用でも人生を考えるうえでも、ポートフォリオという考え方は大切だ

”ポートフォリオの考え方で重要なのは、(1)投資対象を分散してリスクを減らす、逆に(2)有望な投資対象へのウェイトを大きくする、(3)あくまでも全体で損得考える、という3点です。~解説より”

”例えば、若い人であれば、株式や投資信託にお金を使うよりも、自分のスキル習得のためのコストや、経験にお金を使うほうが、将来の経済的リターンが大きいケースがしばしばあるでしょう。~解説より”

第九条「鶴の恩返し」

-「確実なマイナス」であるコストを軽視してはいけない

”若者は28歳で、デパートのアパレル売場に勤めていましたが、これといって何か優れた技術を持っているわけでもなく、深い知識を持っているわけでもありませんでした。
考えてみると当たり前のことなのですが、技術も知識もない人は、誰かにこき使われて生きるしかありません。
つまり、だれにでもできる仕事しかできないのです。~本編より”

”それは違うぞ、と偉い人は言いました。
「おまえに、高い技術や、深い知識がなかった、というだけのことだ。おまえは無知で、貧しかった。それだけだ。
理解できなかったとか、幸せにしたかったとか、そんなことは、何の関係もない。
幸せにしたいという気持ちだけで、ほかの人を幸せにできる時代は、とっくに終わってるんだ。」
そう言って、偉い人は帰っていきました。若者は、ただ泣くしかありませんでした。~本編より”

第十条「かぐや姫」

-過去の行動にこだわらずに、将来のみをみて現在の行動を決める

”マサ子おばあさんがそう言うと、それは古い考え方だ、とノブオおじいさんは言いました。
「過去の考え方や行動に、左右されてはいかん。」~本編より”

”投資の意思決定では、将来の予想に基づいて現在の行動を決めることが重要です。
まず、投資家はしばしば過去の自分の行動に不必要に影響されます。~解説より”

”人生全般にも言えることですが、過去へのこだわりから自由になることは非常に大変なことです。~解説より”

第十一条「笠地蔵」

-お金は、あくまでも手段だけれども、とても大切なものだ

”お金が大切なのは、幸せを求めたり、不幸を避けたりするための「手段」を提供してくれるからです。
特に、お金があれば避けられる不幸は数多いし、お金は、幸せになるために必要な物、知識、経験などを手に入れるうえで役に立ちます。~解説より”

とても読みやすく、かつ様々な示唆に富んだ本でした。
1時間程度で読みきってしまえるボリュームですが、得ることは非常に多いです。
具体的な資産運用の知識やノウハウというより、投資という行為の「概念」が学べる良書です。

以上、今回は紹介でおしまいにします。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク