スポンサードリンク

DIR EN GREY TOUR’14 -FINEM LAUDA「a knot only」- @難波HATCH_20140207

th_DSC06691

昨日は大阪へDIR EN GREYのLIVEに行ってきた。

10月の新木場COAST以来なので、約4ヶ月ぶりのLIVEだ。

1月に新曲「SUSTAIN THE UNTRUTH」をリリースしたばかりの彼らが、今回どんなLIVEを見せてくれるのか非常に楽しみだった。

BassのToshiyaがFacebook上で、セットリストに何かしらのサプライズがあることを示唆するコメントを投稿しており、それがLIVEへの期待度をいつも以上に増幅させた。


今回の会場、大阪は難波にある難波HATCHは、以前は頻繁に通っていた会場なのだが、最近は京都と名古屋ばかりだったので彼らのLIVEをこの会場で見るのは本当に久しぶりだった。

18:15の開場前に到着すると、客の少なさに驚いた。
寒波が直撃していたので、皆会場ロビー内で待機していたのを差し引いても、「あれ、これだけ?」感は否めなかった。
もしかしたらチケットの売れ行きも芳しくないのかもしれない。

今回は整理番号が70番台だったので、開場後すぐに入場出来た。
PA席横の、一段高くなっているフロアの柵前を確保。
以前は可能な限り前の方へ行って、出来るだけメンバーを近くで見れるように必死だったけど、最近は出来るだけLIVEの世界観を楽しみたいと思うようになり、見晴らしの良い場所を選ぶようになった。
19:20分頃、20分程押してLIVEが始まった。
SEは彼らの最新アルバム「DUM SPIRO SPERO」に収録されている「狂骨の鳴り」。

前回のTOURでは新しいSEが採用されており、個人的にそのSEがとても好きだったので少し残念。

セットリストは以下。

狂骨の鳴り
24個シリンダー
The Domestic Fucker Family
LOTUS
Unknown.Despair.Lost
GRIEF
REPETITION OF HATRED
-INWARD SCREAM-
RED…[em]
滴る朦朧
かすみ
-INWARD SCREAM-
「欲巣にDREAMBOX」あるいは成熟の理念と冷たい雨
DIFFERENT SENSE
DECAYED CROW
Unraveling
輪郭
-Encore-
激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
MASK

SUSTAIN THE UNTRUTH

今回のセトリの目玉はなんといっても「24個シリンダー」「The Domestic Fucker Family」「RED…[em]」といった過去曲であり、極めつけは1stアルバムからの「MASK」だ。

正直、曲が始まってもしばらくは何の曲か分からなかった。笑

「RED…[em]」は昔から大好きな曲で、やはりとてもカッコ良かった。

彼らのLIVEからはいつも刺激を貰い、表現すること、何かを創造することへの意志やパワーを、音と言葉の塊のようなものによって受け取る。

他のどこにもない、代替不可な空間である。

だが、私は今回の彼らのLIVEには、それほど心を動かされなかった。
勿論、セットリストは素晴らしかったし、歌も演奏もクオリティの高いものだった。

LIVEが終わった後、家に帰るまでずっと「なぜだろう」と考えていた。
なぜ、今回はこんなにテンションが上がらないのだろう、と。

その理由が、今この文章を書いていて何となく分かった。

それは、今回の彼らのLIVEには「切羽詰まった切実さ」のようなものが感じられなかったのだ。
もしかしたらこのLIVEが終わったらこの人達は死んでしまうんじゃないか、と思わせるような、逼迫した空気感が無かったのだ。

何故だか分からないけれど、私はそういう、常にギリギリの状態で何かをしている人に心を惹かれるのだ。
とりわけ、Vocalの京はそういった意味で横に並ぶ者のいない孤高の存在だと思っている。

人によって音楽やバンドに求めるものは違う。
今回はたまたま、「私が彼らのLIVEに求めるもの」がそこになかったというだけのこと。

だから私はこれからも彼らのLIVEに足繁く通うだろう。

なぜならそこには、そこでしか得られない何かが確実に存在しているから。

➤DIR EN GREY Official Site

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク

コメント

  1. […] 先週は大阪にLIVEを見に行ったし、今週もまた大阪にTABIPPOのイベントに行ってきた。 週末はずっと気になっている竹田城に行こうかと思ったが、2月は閉山しているようだ。 […]

  2. […] ➤「DIR EN GREY TOUR’14 -FINEM LAUDA「a knot only」- @難波HATCH_20140207」 […]