スポンサードリンク

質より量が先だ

もっと文章が上手くなりたいと思う。
ではそのために必要なこととは何だろうか。

答えはとてもシンプルで身も蓋もないが、「書きまくる」ことだ。
実際にバッターボックスに立ち、バットを振ることだ。

大好きな小説や、WEBで見つけた秀逸な表現、購読しているブログを読みあさるのはほどほどにして、とにかくキーボードに向かって文字を打つ。

書くこととは、訓練のようなものである。
その訓練の先に上達があり、到達がある。

実際に書くことがなぜ重要かというと、書くことによって自分には何が足りないのかを知ることが出来るからだ。

したい表現があるのに、最適な言葉を見つけられない時。
語彙の必要性を知る。

主張したい内容に説得力を持たせられない時。
知識の大切さを知る。

伝えたいメッセージがあるのに、綺麗な文章にまとめられない時。
書くことのむずかしさを知る。

これらは全て、「実際に」書いてみないと分からないことだ。

自分に足りないものが分かったら、後はその知識なり技術なりを修得するための努力を始めればいい。

だから、書くこととは「知ること」でもあると言える。

「何を知らないか」を知るということなのだ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク