スポンサードリンク

福岡に移住したい


今年は住む場所を変えて、新しい生活を始めたいと思っています。

その第一候補が、福岡です。

第一候補というか、第一候補しかありません。
福岡以外眼中にありません。

こちらの記事でも紹介した通り、2011年から2013年まで毎年4回づつ行っていて、大体の土地勘は分かるようになりましたし、お気に入りのお店もいくつか出来ました。

参照:『博多滞在記 2014/01/02〜04』

博多に姉が住んでいるということもあり、ただでさえ親しみを持ちやすいのですが、なぜこんなにも福岡という街に惹かれるのかを整理してみたいと思います。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

1.程よく都会で、街がコンパクト

博多駅周辺と、天神に行けば大体のものは揃うしオシャレなお店も多い。
バスや地下鉄を使えば30分以内で海も見れます。

個人的に百道のマリゾン内にあるイタリアンレストランがとても気に入っていて、博多に来た時はほぼ必ずと言っていい程通っています。

天気の良い空の下、テラスで飲むビール最高です。

また、博多駅、天神駅から15分以内で福岡空港まで辿り着けます。
このアクセスのよさは他ではちょっと考えられません。

いくらLCCが普及してきても、空港へ行くまでにお金がかかっていては意味がないので。

2.ご飯が美味しい

これはよく言われることだと思いますが、安くておいしいお店が多いです。
もつ鍋やラーメンが有名ですが、先に述べた通りイタリアンやスペイン料理のお店もレベルが高いです。

中洲に並ぶ屋台に一度チャレンジしようと思いつつ、まだ行けていないので次行く時に行ってみようかな。

3.人がやさしい

タクシーの運転手さんとか、レストランのウェイターさんとか、何か人懐っこい人が多い気がします。
ぎすぎすしている感じが全くなくて、とても好感を持ちました。

4.独特の空気がある

これは私が本州に住んでいるからかもしれませんが、やはり九州には独特の空気があります。
間違いなくそこにしかない、代替不可な何かが。

始めて九州に行った時に強烈にその感触を味わい、以来訪れる度に好きになっていきました。

同じ九州の他県から出てきている人や、関東から移住する人も多いようです。

とまあ思いつくことを挙げてみたのですが、結局は好みなんだと思います。

私は今いる場所から、物理的にも精神的にも遠く離れたいと思っていて、それがたまたま福岡の持つ魅力とマッチしただけです。

新しい場所で、新しい何かを始める。

こういうことを考えるだけでわくわくしてくる。

この感覚をいつまでも忘れないでおきたいし、いつでもそれを実行に移せるような準備とフットワークの軽さを持っていたい。

無事福岡移住を果たせたあかつきにはこのブログにて報告いたします。

この記事オススメです:
私がそれでも福岡市に住み続ける、その魅力を6つにまとめて語ります!住と食のクオリティが高すぎる。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク