スポンサードリンク

日本一海に近い駅「下灘駅」に行ってきた

こちらの記事で紹介した、愛媛県松山市にある下灘駅に行ってきました。

参照:「前略、僕は日本のどこかにいます」

大阪から高速バスに乗り、早朝6時前にJR松山駅に到着。
そこからJR壱岐線に乗換え、約60分で下灘駅に到着です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

出発早々のトラブル

高速バスの出発は22時50分だったので、22時過ぎには大阪駅に到着するように出たのですが、途中人身事故でまさかの足止め。
しばらく動く気配がなく、結局京都駅で新幹線に乗り換えることにしました。
新幹線は新大阪駅にしか止まらないので、そこからまた在来線に乗り換えて大阪駅へ。
なんとかギリギリ間に合い、無事バスへ乗り込み愛媛へ向けて出発。

旅にトラブルは付きものですが、こういう時に自分がどういう判断を下すのか、リスク管理の重要さを改めて思い知った1日でした。

例えば今回だと、「すぐに動き出すはずだ」と腹を決めて同じ電車に乗り続けるという選択肢もありました。
結果的にその選択は誤りだったことになりますが、その時点では「何が正しい判断なのか」は分かりません。

だから、考えうる最悪の事態は何かということを常に把握しておく必要があります。

今回のケースでは、「バスに乗り遅れる = 旅に出発できない」というのが私にとっての最悪の事態だったので、それを避けるためのコスト、今回だと新幹線への乗換え費用などは進んで受け入れる必要があります。

結果的に、人身事故による遅延で乗換えざるを得なかったと車掌さんに説明すると、特急券のみの支払いでいいとのことでした。

こういう「不足の事態」は、経験すればするほど対処の精度が上がっていくので、望ましくはないけれど経験出来てよかったと思っています。

今回の旅の目的

上記紹介記事にある写真を初めて見たときに、「絶対ここに行きたい!」という条件反射的な欲求が生まれました。
そこで自分も同じような写真を撮りたいと。
その衝動は避けがたく、まるで錨のように私の心の底にしっかりと根を下ろしたのです。

なので、今回の旅の目的はこのポスターのような構図で自分の写真を取る!ということです。
それだけのために愛媛まで行ってきました。

もちろん、ひとりで撮影するのは難しいので友人にも付き合ってもらいました。
こういう時に遠慮無く同行を頼める友人がいるということはとても幸せなことですね。

そして撮影した写真がこちら。

th_DSC06888

無事、今回の旅の目的を果たすことができました。

ある意味、今回の旅は「目的の写真を撮る」というテーマのある旅だったと思います。

気の向くままに好きなところへ衝動的に旅立つ、という種類の旅ももちろん大好きなのですが、今回のようにある特定の目的を達成するための旅も悪くありません。

そこには自分の知らない土地があり、そこで暮らす人々がいて、築き上げられた歴史がある。
そこにあるリアリティに触れることが、旅の醍醐味なのです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク

コメント

  1. […] 参照:「日本一海に近い駅「下灘駅」に行ってきた」 […]

  2. […] 関連記事:日本一海に近い駅「下灘駅」に行ってきた      週末旅行のすすめ […]