スポンサードリンク

情報を知っていることよりも、いかにして情報を入手するかのほうが大事

この高度な情報化社会において、必要な情報を手に入れることは難しいことではありません。
インターネットで検索すれば大抵のことは書いてありますし、SNSで質問を投稿して回答を集めることもできます。
しかし、少し調べればすぐに分かることなのに、自分では調べようとせずに途方に暮れていたり、誤った方法のまま進めて後から悲惨な目にあったりする人が、実際にたくさんいることも事実です。

最近特に強く思うことが、情報を知っていることそれ自体よりも、自分に必要な情報をいかにして入手するかということのほうが重要だということ。

情報というのはいったん入手してしまえば後は使うだけです。
フローかストックかという違いはあれど、要するに私たちはものごとを円滑に進めるために情報を必要とするのです。

だから、自分が今必要としている情報はどんなものかということを「把握」して、その情報を「入手」するためにはどんな方法が最も効率的なのか。
このふたつをきちんと認識、理解する必要があります。

もちろん、入手する情報が間違っている可能性もありますし、そもそも自分はどんな情報を必要としているのか、把握すること自体簡単ではない場合もあります。

しかし、「新しい情報を入手することで、目の前の問題や、自分の人生を今より有利に進められるかもしれない」という意識を持つところからすべては始まります。

自分の知っていることはすごく限られていて、その限られた情報で解決できるものごともまた限られている。
だから自分は新しい「自分の知らないこと」を知る必要があるのだ、と。

そのためには、「知ること」に貪欲でなければなりません。

今ほど、自分の欲しい情報にアクセスしやすい時代もありません。

ほんの少し手を伸ばせば手に入るものを、怠慢や思い込みで見逃してはならない。

知っていることそのものより、いかにしてそれを入手するのかということが大切なのです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク