スポンサードリンク

今の自分に求められていることと、今の自分に足りないもの

しばらくブログの更新から遠ざかっていたので、今日は近況も踏まえて書いてみたいと思います。

一番大きな変化はやはりこれ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

訪日メディア「MATCHA」の関西版にライターとして参加することになった

このブログでも紹介したことのあるお二人、青木さん(@yuuu_a)と鳥居さん(@hirofumi21)が始めた訪日外国人向け観光メディア「MATCHA」。

この関西版にライターとして参加させて頂くことになりました。

参考記事:「訪日外国人向けメディア「MATCHA」京都、大阪版メンバーを募集します。」(Hibilog)
     「MATCHA【京都・大阪編】はじまりました。」(隠居系男子)

青木さんとは一度Skypeでお話して、福岡の珈琲ひいらぎの話で盛り上がりました。

参照:「博多滞在記 2014/01/02〜04

その後、書いた記事をダメもとで送ってみたところ何と採用の連絡を頂き今に至ります。

こちらの記事にも書いたのですが、自分には「何か新しいことを始めたり、作ったり、生み出したりする人に対する無条件の尊敬の意」があります。
なので、今回自分もそういった人達や、彼らの始めようとする試みに間接的ではあるけれど関わることができ、純粋に嬉しく思っています。

これは小さな一歩ならぬ、大きな一歩です。

そこで最近特に意識していることがあります。

自分に求められていることを知ることは、自分に何が足りないかを知ることである

MATCHAのライターとして自分に求められていることとは何か。
それは言うまでもなく、良質な記事(コンテンツ)を提供することです。

MATCHAというメディアに特化した、かつ自分なりの切り口で書かれた文章を提供し続けなければなりません。

そして、自分に求められていることを知れば、自ずと今の自分に足りないものも見えてきます。
そのギャップを埋めるためにより自分を高めていきたいと、シンプルにそう思えるようになりました。

文章を書く力も、写真の撮影能力も、今の自分には圧倒的に不足している。
それらを理解した上で初めて具体的な努力の対象にフォーカスできるようになる。

より高いレベルと質の成果物を相手に提供したい。これはとても切実で、大切な感覚です。

MATCHAというメディアに関わることによって芽生えたこの感覚を忘れることなく、日々切磋琢磨していきたいと思います。

最初の一歩を踏み出して本当に良かった

以前こちらの記事にも書いたのですが、大切なのは最初の一歩を踏み出すことです。
その後どう転ぶかなんて分かりません。
何かしら興味の対象があるのなら、とにかく動いてみる。
うまくいくかもしれないし、あまりうまくいかないかもしれない。

それはやってみて初めて分かることです。

小さなきっかけで、人生は思わぬ方向に進んでいくことがあるのだと実感しました。

そんなきっかけを与えてくれたMATCHAに感謝するとともに、微力ながら貢献していきたいと思います。

是非一度見に来てください。

MATCHA

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク

コメント

  1. […] 参照:「今の自分に求められていることと、今の自分に足りないもの」 […]

  2. […] れど、訪日メディア「MATCHA」に関わるようになってから、社外での繋がり、特に年下との繋がりが多くなった。   参照:「今の自分に求められていることと、今の自分に足りないもの」 […]