スポンサードリンク

大阪 阿波座の『rock stra hotel』が魅力的すぎる

先日、「今月のSEVEN HOMMEの関西特集に見る、ブログの理想型」という記事で少し触れたこちらのHOTEL。

rock stra hotel

昨年12月末に大阪、阿波座にオープンしたばかりのコンセプトホテル。
名前の通り、HOTELと音楽、アートを掛け合わせ、他には無い新しい空間を作り出している。
一番の特徴は、各客室に設けられたイラストレーターBuggy氏による歴代ロックスターのアートワークで、思わず自分の部屋にも飾りたくなるようなクールなデザインが目を引く。

403405

客室は全部で17部屋と少し少なめだが、スイート5万円〜、ジュニアスイート1万5千円〜、シングル8千円〜と想像していたよりもかなりリーズナブルだ。

601room501room
左がスイートで、右がジュニアスイート。(写真はすべて公式HPより転載)

また、2FにはCafe、7F&8FにはLounge Barがあり、宿泊客以外でも楽しめそう。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

心地良い空間がもたらす刺激

私は初めてシェラトンホテルに泊まった時、高級な空間にいると自分の行動に変化が起こるということを体験した。
上質なサービスやもてなし、そういった状況に慣れている人々と同じ空間にいると、自分が一段階ひっぱり上げられるような、背筋がピンと伸びるような感覚に陥る。

これは不思議な感覚で、心地良くもあるのだけど、同時に人間がいかに環境に影響を受けやすいかということを身をもって体験したのだ。

「空間」というものに対してどれだけのコストを投入できるかというのは、その人の価値観にもよるだろうし経済的な問題もある。

しかし、私はそういった「素晴らしい空間」のパワーを体験してからというもの、質の高い空間や環境にはできるだけ投資を惜しまないようにしようと決めた。

例えば、普段は行かない高級なBarにたまに足を運ぶとか、JRではなく新幹線で移動するとか、いわゆる「1ランク上」を体験するように心がけている。

そうすることで、自然とそこに釣り合う自分になろうという意識が生まれるのだ。

新しい場所と、新しいアイデア

例えば、一人でこのHOTELに泊まり、ブログを書くとしたらどんな記事になるだろう?
猫足のバスタブ(漫画「NANA」でしか見たことがない)に浸かり、どんな空想をするだろう。

そういうことを考えるだけでわくわくしてくる。
もはやそこはただ「泊まる」だけの空間にはあらず、新しい「体験」をしにいくところだ。

今度ほんとに泊まりに行ってみようかな。

いろんな場所に自分のお気に入りのHOTELがあるって、なんか素敵だと思いませんか。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク