スポンサードリンク

生まれ変わったら…なんていう人は生まれ変わってもやらない

INTO THE WILD」という、私が大好きな映画がある。大好きというか、人生でいちばん好きな映画である。

 この映画は、クリス・マッカンドレスという実在したひとりの青年の物語である。原作はジョン・クラカウアーのノンフィクション小説「荒野へ」で、監督は俳優のショーン・ペン。ショーン・ペンは本作の映画化にあたり実に10年もの構想、準備期間を費やしたそうだ。(クリスの両親が映画化を認めなかった)

スポンサード リンク
スポンサード リンク

映画のあらすじ

 1992年、アメリカ最北部アラスカの荒野で、ひとりの若者の死体が発見された。彼の名はクリス・マッカンドレス。裕福な家庭に育ち、成績優秀で大学を卒業した彼が、なぜそのような世界の果てとでも呼ぶべき場所で死を遂げることになったのか。

 彼は小さな頃から物質主義を嫌悪し、読書を愛し、休みの度にどこかへ旅へ出かけた。思春期の頃に知った家庭の複雑な事情と両親の嘘が、彼のそのような傾向をますます強くしていく。唯一、心を許して話すことが出来たのは、妹のカリーンだけだった。

 大学の卒業式の日、卒業祝いに新しい車を買ってあげると両親に告げられた彼は、その申し入れをあっさりと断る。「何もいらない」と、怒りを露わにしながら答え、そのまま戻らぬ旅に出る。預金をすべて寄付し、持ち金とIDをすべて燃やし、誰に告げることもなく北を目指した。何にも、誰にも頼らず、自分自身の力だけで生きていくこと。それが彼の目指すところだった。

 名前を変え、ヒッチハイクをしながら旅を続ける彼は、その道中でさまざまな人々に出会う。その出会いは彼を成長させ、変化させるが、「北を目指す」という彼の目的が変わることは無かった。出会いと別れを繰り返しながら、彼は最終目的地であるアラスカへとたどり着く。そこで彼は狩りをし、捨てられていたバスの中で生活を始める。

 これこそが、自分の求めていたものだと叫ぶ。

「This is what I’m talking about! finally!」

 アラスカにたどり着いた日、走り回る野生のシカの群れを見て、彼が涙ぐむシーンがある。私はこのシーンが、この映画の中で一番美しいシーンだと思っている。

 結果的に、彼はこのアラスカの地で生涯を閉じることになってしまうのだが、映画は彼が帰ろうとしていたことを示唆するストーリーとなっている。実際に、彼がその後どうするつもりだったのかは知る由もないわけだが、死を悟った彼が最後に残した言葉が、とても印象的だ。

Happiness only real when shared(幸福が現実となるのは、それを誰かと分かち合った時である)

 「人間関係は人生にとってさほど重要ではない」と語り、ひとりで生きていくことを求め続けた彼が最後に残したのが「幸福とは分かち合うことだ」という言葉だったことに、私はものすごく考えさせられた。世俗からの脱却を求め続けた彼が、最後にたどりついたのがこれなのか、と。だから私は、他の誰かに同じことを言われてもきっと信じないけど、彼のこの言葉だけは信じている。

やりたいことを、やれるうちに、やりたいだけやる

 私は何度か、この映画を他人にすすめてみたことがある。だが、反応はイマイチなことが多かった。「極端すぎる」とか「死んでしまったらおしまいだ」とか、ごもっともな意見ばかりだった。そして逆にこう聞かれた。

「じゃああなたも、彼のような人生を送りたいの?」

 この問いに対する私の答えはいつもこうだった。「生まれ変わったら、もし人生が何度もあるのならあんな生き方をしてみたい」

 しかし、この答えは正しくないというか、意味のないものだと気付いた。なぜなら、彼(クリス・マッカンドレス)は、「人生が一度しかないからこそ」ああいう生き方を選んだのだ。人生はやり直しがきかず、たった一度しかないということを誰よりも理解していたからこそ、本当に自分がやりたいことを選んだのだ。

 「人生は一度しかないから」というのは、行動し何かを達成するための能動的な動機である。しかし、「もし生まれ変わったら…」というのは、一見能動的な、何かに取り掛かろうとする姿勢のように見えるけれど、それは「何もしない」ための言い訳をしているに過ぎない。

 「生まれ変わることなんてないし、人生に2回目はない」ということを頭のどこかで分かっているからこそ、その不可能性の中に逃げ込もうとするのである。生まれ変わったらやる = 生まれ変わるまではやらない(そしてそれは永遠にこない)。言っていることは結局「やらない」ということなのだ。

 だから、自分の望む人生を手に入れようとするならば、生まれ変わったらとか、時間ができたらとか、お金が手に入ったらとか言っている場合ではない。そんな人は100回生まれ変わっても絶対にやらない。2回めの人生でも3回めの人生でも同じことを言い続けているだろう。

 やりたいことを、やれるうちに、やれるだけやる。
 シンプルに、これを繰り返していくしかないのだ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク