スポンサードリンク

起業とは目的ではなく、手段である

 「自分はいつか起業したい」という言葉を聞く度に、いつも違和感を感じていた。
「サラリーマンのような雇われの身ではなく、自分でビジネスを興すんだ」と、意気揚々に語る人達はときに、まだ何も達成していないにもかかわらず「野心があっていい」などと評価されたりする。
確かに、世の中に新しい価値を生み出すことは素晴らしいことだし、そういった人達のおかげで日本は「世界の日本」としての地位を確立できたのだろう。

 しかし、サラリーマンでも、その仕事にやり甲斐を感じていて、目の前の仕事に最大限の努力を払える人ももちろんいます。どちらの方がいいとか、どちらの方により価値があるとか、そういうことではありません。
人にはそれぞれに合った生き方があり、価値観があるということです。

 私が違和感を感じるのは、起業というのはあくまで何かを達成するための手段であるはずなのに、あたかもそれが目的であるかのように語られるからです。
つまり、自分には何か社会に対して提供したい価値や、解決したい問題があって、それを今の会社で行うのは難しく、かといって転職すれば叶うものでもない、自分の目的を果たすためにはもう自分でやるしかない、となって初めて「起業」という選択肢が現れる。
言うなれば、「起業」というのは中身のない器です。
そこに何を盛るかが重要であって、器だけあってもそれは役目を果たしていません。

 このように、目的と手段を混同してしまうと、ものごとというのは上手くいきません。
目的を手段にしてしまってもいけないし、手段を目的にしてしまってもいけない。
「何をやるか」という目的があり、「どうやるか」という手段がある。
「何をやるか」ということがないのに、「どうやるか」ということは考えられないし、それは論理として破綻してしまっています。

 「起業したい」という人はときに、他人から仕事を与えられ、サラリーを貰うだけのサラリーマンをバカにしたり、見下したりすることがあります。「そんなつまらない人生はまっぴらだ。俺は独立してビジネスを興すんだ」と、妙な優越感に浸る。
逆にサラリーマンの人は、「起業する」という人を「すごいね」と応援するふりをして、「絶対に失敗するはずだ」と心のどこかで期待し、実際にその人が失敗すると「ほれ言わんこっちゃない」と安心する。
これらは、レベルが低いという意味でどちらも対等です。
何か達成したい強烈な目標がある人には、それをいちいち他人に話したり、比較したりする時間的余裕はありません。

参照:「目標を持つということは憂鬱なことである

 自分で何かをしたい、社会に価値を提供したい、利益に貢献したい、というのは、普遍的な感覚だと私は思います。
程度の差こそあれ、誰でもそのような感情を持ち合わせているものではないでしょうか。
それをどのように表現するのか、どのような手段で達成するのかの違いだけで、そこに優劣はありませんし、優劣をつけて比較しようとすること自体が下劣です。

 「起業したい」という言葉は、何も語っていないと私は思います。
「起業したいんだけどどうしたらよいか」という質問も、支離滅裂です。
しかし、「社会にはこういう問題があり、そのことで困っている人達がいる。そのためにはこういうことをしなければならない。それを達成するためにはどうしたらいいかだろうか」という問いには、私は自分なりの考えや知識を提供できるかもしれません。

 そしてもうひとつ忘れてはならないことは、起業とはスタートであってゴールではない、ということです。継続し、利益をあげ続けることが目的であって、「起業」自体に価値があるわけではありません。

 目的と手段をきちんと区別すること。
そして、他人のことを気にする時間があるのなら、「自分が社会に提供できる価値とはいったい何か」ということを考えるほうが、よほど有意義だと思います。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク