スポンサードリンク

他人の振りではなく、過去記事見て我が振り直せ

 先日書いたこちらの記事、「書き残すことと読み返すことの効用」。もともと書きたかったことは別のことだったのですが、書き進めるうちに少し違う話になってしまいました。でもこれはこれで気に入ったので、タイトルのみ変更して公開することにしました。
 今日は本来書きたかったこと、記事タイトルのままですが「他人の振りではなく、過去記事見て我が振り直せ」を書きたいと思います。
 
 このタイトルは言うまでもなく、「他人の振り見て我が振り直せ」ということわざから来ています。これは、「他人の言動を見て、良いところは見習い、悪いところは改めよ」という意味の言葉ですが、別に他人を見なくても、自分が書いた過去記事を見ても同じことが言えるのではないか、ということ。
 前述の「書き残すことと読み返すことの効用」の中でも書きましたが、その時々、自分なりに真剣に考えて、思ったことや感じたこと、決意表明のようなものをこのブログに書くわけです。
 でも、後になって読み返してみると、「あれ、自分でこんなこと書いておきながら、全然できてへんやん」ということが、少なからずあります。例えば最近だと、「レスポンスの早さはそれだけで価値がある」という過去記事を読んで、「いや、最近の自分はこの記事を書いた張本人とは思えないくらいレスポンス悪いだろ…」と、半ば愕然とすることがありました。これじゃあまるで、口だけ人間ならぬ、「書くだけ人間」だなと。
 
 その他にも、以下は私が「自分はこうありたい」「こういう風にしていこうと思う」「こうなったら終わりだ」みたいなことを書いた記事です。もちろん、全く思ってもいないことは書かないので、基本的なスタンスとしては書いてある通りなのですが、「わざわざブログに書いといてこの程度かい」と思わなくもありません。
 
真摯であり、紳士であること
限られた時間の中で出来うる最高の仕事を
対立を恐れずに伝えること
好奇心を失わずに日々を生きるということ
相手の立場になって考えるということ
ブログは熱いうちに書け、というのはほんとだと思う
男はカッコつけなくなったら終わりだ
 
 だからやっぱり、書き残して誰かに向けて公開するということは、自分にある種の強制力を働かせるということなんだなと感じました。「あんなこと書いたんだから、やっぱり多少は行動して証明しないと」というプレッシャーがかかるし、仮に実際に会った時に、「書いてることとやってること、全然違うじゃねえかよ」と思われないようにしないとな、とも思います。
  
 こういう風に書いていると、もちろんこのブログは「読んでくれる人」のために書いているわけですが、それだけではなく、将来の自分に向けて書いているという側面もあるのかなという気がしてきます。自分はここにこうやって今考えていることを書き残すんだから、ちゃんとそれに恥じぬように行動しろよな、というメッセージを送っているみたいな。
 逆に言うと、後から読み返しても何も訴えかけてこない文章というのは、その程度のレベルと意思でしか書いていないということです。自分で書いて、自分に響かない文章というのは、他人にも響きません。少なくとも自分自身は、「そうだよな。そういうことだよな。」と納得できる文章を書くこと。それが結果的に他人である読者や、将来の自分に響く文章になり得るのだと思います。
 
 他人との比較から発見できることもありますが、過去の自分と今の自分、もしくは今の自分と将来の自分の、「差分」から何が学べるか、そういう視点を持つことも大切だと思います。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク