スポンサードリンク

自分にとって「ファッション」とは何か

tumblr_mn2ca19fd11qceuh8o1_500
Photo Credit

 おしゃれをすることが大好きだ。
 自分が実際におしゃれかどうかはさておき、洋服を選んだり、ファッション雑誌を読んだりネットショップで新作をチェックしたり、ファッションに関して思いを巡らせる時間は、私にとって至高のひとときだ。

 思い返してみると、ファッションに興味を持ち始めたのは小学生の頃だったと思う。興味を持ち始めたというよりかは、ただなんとなく格好や身に付けるものを意識し始めた、という方が正しいかもしれない。明確な自覚を持って何かを選んでいたわけではなく、父親や年上の友人が持っていたファッション雑誌をただ眺めるのが好きだった。

 中学生や高校生になると、ファッションは自分の憧れのミュージシャンを模倣したり、異性に好感を持ってもらうためのツールとなる。主観的な格好よさよりも、自分がどう見えるのか、どう見られるのかということをより強く意識し始める。それはそれで、きっと誰もが経験する通過儀礼のようなものだろう。ただカッコよくなりたいと、それだけを考えていた。

 社会人になり自分でお金を稼ぐようになると、ある程度の金額をファッションに費やせることになる。今までは手の届かなかったブランドや高価なアイテムでも、それなりに手に入れることができるようになる。ここらへんが、「何にどれくらいのお金を費やすのか」という個人の価値観の分かれ目なのだと思うけれど、私は一時期狂ったように洋服を買いまくっていた。洋服を買うために仕事をしているようなものだった。

 買ったはいいが、ほとんど着ないまま友人にあげたりオークションで売ったりというのはしょっちゅうだったし、ほとんど同じようなデザインのものを何着も買って、「一緒やん」と言われることも多々あった。(本人にとってはぜんぜん違うのです、もちろん)

 働き出して最初に買ったいちばん高価なものはクロムハーツで、あのときの感動は今でも忘れない。テンションが上がりすぎて思わず友人に電話で知らせたくらいだ。
 そのとき買ったクロムハーツは今でも愛用しているし、今のところ手放す予定はない。

 そんなふうに、自分の人生において「ファッション」とはとても大きなウエイトを占める重要なパートなのだけど、最近あらためて、「自分にとってのファッションって何だろう」と考えることがあった。

 前置きがかなり長くなってしまったが、ここからが本題。

STREETFSN
Photo Credit

 年齢を重ねるにつれ、自分にとっての「ファッションの在り方」とでも言うべきものは確実に変化している。

 私は、ファッションには二つの役割があると考えている。ひとつは、「自分が気持ちよくなるためのファッション」で、もうひとつは「礼儀としてのファッション」だ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

自分が気持ちよくなるためのファッション

 ファッションというのは、周りからどう見られるかということももちろん大切なのだけど、やっぱり自分が着たいものを着て、したい格好をするのが一番楽しいし心地良い。

 それは、ファッションがその人の精神性にまで影響するからだ。着ているものがいまいち気に入らないと、その日一日気分が沈んでしまうし、逆に、自分の納得のいくコーディネートがびしっと決まった日はいつもよりテンションがあがる。

 これは、人間が本能的に持っている欲求なのだと思う。衣服が単に寒さや暑さをしのぐためだけのもので、人がそこにそれ以上を求めなかったとしたら、ファッションというのはここまで進化するはずがない。

 人は皆、「よりよき格好をしたい」という欲求を持ち合わせているのだ。人によって、それが極端な人とそうでない人がいるだけで。

 だから、というのも変だけど、私はファストファッションというものに全くと言っていいほど興味が持てない。なぜなら、私にとってファッションとは、少なからぬ対価をつぎ込むことによって快楽を得る対象であり、それは一種の背徳行為だからである。

 もちろん、なんでこんなものがこんな値段するんだ、というようなものもある(世の中の大勢の人にとって、クロムハーツもそのうちの一つなのだろう)。どう考えても価値と価格が釣り合っていないものや、商品としての価値よりもネームバリューとしての価値が価格に反映されているもの。

 しかし、やはりクオリティと価格というのは概ね正比例するものだと思う。洋服の場合、素材や縫製がその代表だ。いちど「本物」を手にすると、そこからなかなか抜け出せなくなる。レベルの高いものを身につけると、自分が一段階上に引っ張りあげられるような感覚に陥る。その感覚は、実際に体験してみなければわからない種類のものであり、それこそが、ファッションが私にとって「それなりの対価を支払ってもいいもの」と思わせる所以なのだ。

blw1
Photo Credit

礼儀としてのファッション

 これは最近になってよく意識するようになったことで、簡単にいえば、TPOに応じた格好ができるようにならなければならないということ。

 「これが俺のスタイルだ。だから俺は一生、どこにいってもこの格好をつらぬくぜ」というのも、生き方としてはありだと思う。ただ、私がここで言いたいのは、ファッションとは自己充足のツールでありながら、相手へのリスペクトを示すものでもあるということ。つまり、相手に恥をかかせないためのファッションというのも存在するのだ。

 冠婚葬祭がその最たるものだが、そういう場面ではなくても、「誰と、どういった状況で会うのか」ということを考慮して、自分の格好を選べる人ってとても素敵だと思う。

 村上龍の「無趣味のすすめ」というエッセイの、『どんなファッションで臨むか』という章にこんな一節がある。

 数年前京都でアラブとイスラム教の専門家である著名な大学院教授と対談したとき、わたしはスポーティな格好で臨んだ。ひょっとしたらその教授はモスレムの服装で現れるかも知れないとバカげたことを想像したからだ。
 だが教授は紺のスーツとカフリングのシャツという一分の隙もない服装で、しかもモスレムについて厳密で貴重な情報と知識を持っていて、わたしは自分の格好を恥じた。礼を失したような気がしたのだ。
 仕事におけるファッションでもっとも重要なのは、相手へのリスペクトを表しているかどうかだと思う。リスペクトが表れていれば、ファッションだけが浮き上がることはない。

 ファッションには自分が気持ちよくなるための、自己充足の手段としての一面と、それとは正反対の「相手への敬意を示す」手段としての一面がある。

 この二つを、自分のスタイルを貫きつつも上手にバランスを取り使い分けられる人が、本当におしゃれな人なんだと思う。ファッションは奥が深い。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク