スポンサードリンク

ミニマルさを追求したiPhone/iPad用ライトニングケーブル「NomadKey」

20141019_nomadkey_5

 今日も前回に引き続き、ミニマルデザインなアイテムをご紹介。

前回のエントリー:『LOUIS VUITTONのマネークリップでハイエンドなミニマリズム

NomadKey」は、ミニマルさに徹底的にこだわり、持ち運びにかかるストレスを限りなく排除したキーホルダー型のライトニングケーブルだ。アメリカ、サンフランシスコ州にある『NOMAD』という会社が販売しているもので、あいにく未だ日本国内で販売しているところは無いようだが、公式HPから購入できるようになっている。

リンク:『NomadKey_NOMAD

 全長わずか7cmほどで、ケーブル部にはキーリングに取り付けるためのホールがある。毎日持ち歩くものとして、家の鍵をイメージして作られたというそのシェイプは、他の鍵と一緒にキーリングへ取り付けても違和感のないようにデザインされている。
 また、持ち運びの際のダメージに耐えうるよう、ドイツ製薬メーカーのBayer(バイエル)社のポリカーボネート、アメリカの化学会社デュポン社のラバーエラストメーターを使用するなど、その素材にもこだわりを尽くしている。写真のように、ねじれにも強い。

20141019_nomadkey_3

20141019_nomadkey_4

 必要な機能は満たした上で追求された耐久性とポータビリティ、そして無駄を徹底的に省いたミニマルなデザイン。Appleデバイス購入時に付属してくる標準のケーブルは長すぎるし、かといって巻取り式のケーブルもなんだか野暮ったい。充電さえ出来れば、コードなんて極力短くていいなんていう人にはぴったりのアイテムではないだろうか。

 価格は$29.00(2014年10月時点)と、このサイズのライトニングケーブルにしては少し高めの価格設定だが、Apple社公認のライトニングケーブルであることや、耐久性にも信頼が持てそうな点を考慮すると十分に購入に値するクオリティではないかと思う。
 気になるのは送料だが、もう1品購入すると送料が無料になるサービスを行っているようだ。ただ、1品だけ購入の場合でも送料込みで$31.32と表示される。プラス3$足らずで本当に日本まで発送してくれるのか、少し不安なところもあるが、少なくとももう1品購入するよりは安く済ませられるだろう。

20141019_nomadkey_1

 NOMAD社は他にも、クリップ型のケーブル、Appleデバイス専用のバッテリーチャージャーも販売している。取り扱い製品はまだまだ少ないが、今後どのようなアイテムがリリースされるのか楽しみなところである。
 また、USBケーブルの対は、ライトニングケーブルとマイクロUSBケーブル、どちらかを選択できるようになっており、Apple製品だけでなくAndroidやWindows Phoneにも対応している。

20141019_nomadkey_2

 機能的でありながら、それ以外の要素をいかに削ぎ落とせるか。このNOMAD社が自社の製品を通じて体現しようとしているスタイルには、とても好感が持てる。この文章書いていたら、ほんとに欲しくなってきた。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク