スポンサードリンク

Cheeroのモバイルバッテリーを買ったけど、もっと良さげなの見つけた

 先日、購入したCheeroのモバイルバッテリーを紹介したばかりだが、もうすでに他のに目移りしてしまっている。とあるサイトで目にした、海外製のモバイルバッテリーがとても魅力的だったからだ。Nomadkeyといい、こういったガジェットの類は海外メーカーの方が惹かれるものが多い。

ミニマルさを追求したiPhone/iPad用ライトニングケーブル「NomadKey」
 今日も前回に引き続き、ミニマルデザインなアイテムをご紹介。 前回のエントリー:『LOUIS VUITTONのマネークリップで...
いろいろ迷ったけど、モバイルバッテリーは「cheero Power Plus 2 mini」にした
 いろいろあったけど、私は元気です。  最近、iPhoneのバッテリーの持ちが致命的に悪くなってきたので、モバイルバッテリーを購入しま...
スポンサード リンク
スポンサード リンク

レゴみたいなモバイルバッテリー『FLUXMOB BOLT』

 『FLUXMOB』という、アメリカの会社(たぶん)が発売しているこちらのモバイルバッテリー、『BOLT』。見た目がレゴみたいでかわいい。カラーバリエーションも6色と、Cheero miniよりも多い。こういったデザインだと、いつも選ぶブラックとは違うものをチョイスしてみたくなる。この中ではブラック/ブルーがいい感じだ。

20141107_bolt_01
 
 このデザインももちろん理由のひとつなのだけど、このモバイルバッテリーに惹かれた理由というのはもっと別のところにある。それは、モバイルバッテリー自体の「充電のしやすさ」である。

 モバイルバッテリーとは、言うまでもなく何かを充電するためのものだが、当然ながらそのモバイルバッテリー自体も充電しなければならない。充電するためのものを、充電する必要があるのだ。
 Cheero miniだと、充電するために専用のケーブルをわざわざ繋ぐ必要がある。この「Aをするために、Bをしなければならない」というひと手間が、地味に面倒なのだ。

20141107_bolt_02
※充電の際、専用のケーブルに繋ぐ必要がある

 その点、『BOLT』だとモバイルバッテリー自体にプラグが付いているため、そのままコンセントにさせば充電することができる。iPhoneやiPadを買った時に標準で付属してくるUSBのアダプターがあるが、あれがそのままモバイルバッテリーになったものと考えれば分かりやすい。この、USBアダプターとしてもモバイルバッテリーとしても機能するところが素晴らしい。

20141107_bolt_03
※BOLTは、このUSBアダプターがモバイルバッテリーとなったもの

 日帰りであれば問題ないが、一泊二日や、二泊三日などの旅行にモバイルバッテリーを携帯する場合、その充電の持ちが気になるところ。Cheero miniだと、そのためにひとつ余分なケーブルを携行することになってしまうが、BOXだと旅先のどこかでコンセントに挿せばそれで充電することが出来る。サイズもCheero miniよりさらにコンパクトなので、持ち運び時のストレスもほとんどないはずだ。
 電池の容量としてはCheero miniが6,000mAh、BOLTが3,000mAhと、半分の容量となってしまうので、充電する頻度と照らし合わせ、自分に合った方を選ぶといいだろう。

20141107_bolt_04

 個人的にはこのBOLTと先日紹介したNomadkeyの組み合わせが、装備として最もシンプルでミニマルなのではないかと思う。

リンク:『FLUXMOB BOLT

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク