スポンサードリンク

韓国行きの往復航空券は、何だかんだでH.I.Sが一番安かった

 先日、私が航空券を探す際に利用しているサービスを紹介した。

どこが安い?航空券を予約する際に利用しているサービスまとめ
 12月の1週目に韓国に行ってきます。前々から「週末旅行で海外に行きたい」という密かな願望があり、先月東京で会った友人にそのことを話すと「い...

 こちらのエントリーでも軽く触れたけれど、韓国行きの往復航空券は結局H.I.Sで取るのが一番安かった。色々と見て回った結果、ほとんどが約30,000円という相場だったのだけど、H.I.Sで約25,000円というのを見つけたのでそれに決めた。

 イースタージェットという航空会社で、価格は25,480円(燃油サーチャージ込み)。多くの予約サイトは、燃油サーチャージなどの諸経費を含まない「航空券料金」だけを表示しているところが多いので、パッと見はすごく安く感じるのだが、いざ予約画面に進むと価格が一気に跳ね上がる。税抜きの価格表示についても思うことだけど、買う側からしたら実際に支払う金額を最初から表示しておいてくれた方が分かりやすい。

20141113_korea_01

 ホテルは、上記エントリーで紹介している『Expedia(エクスペディア)』で予約した。こちらのサイトはアプリが便利だと書いたが、ホテルの予約もこんな感じで確認することができる。もしモバイルWifiなどでネットワークが繋がる場合は、ホテルの場所をGoogle Map上に表示することができる。土地勘のない海外ではとても重宝する機能だ。

20141113_korea_02

 これはずっと思っていることなのだけど、「海外に行く」ということをもっと当たり前のことにしたい。「海外行くぞ!」と何か気負って、特別なこととして捉えるのではなく、「ちょっと海外行ってくる」みたいなノリで出かけて行きたい。『必需品は「何もない」こと。ありあわせのものだけで生きていく、究極のミニマリズム』というエントリーで紹介した石川直樹さんは、「エベレスト行くのも三茶(三軒茶屋)行くのも、同じような感覚ではある」と仰っていた。

必需品は「何もない」こと。ありあわせのものだけで生きていく、究極のミニマリズム
 「あなたの必需品は何ですか?」  こう聞かれたら、あなたは何を自分の「必需品」として挙げるだろうか?  携帯電話、パソコン、車、家...

 そこまでいくといくらなんでも極端かもしれないが、スタンスとしては私もそうありたい。思考も行動範囲も、「日本」とか「海外」とか、そういった垣根を越えたところで生きていきたい。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク