スポンサードリンク

名前からしてノマドっぽい『NomadKey』を購入しました

 こちらのエントリーで紹介した『NomadKey』がようやく手元に届きました。

ミニマルさを追求したiPhone/iPad用ライトニングケーブル「NomadKey」
 今日も前回に引き続き、ミニマルデザインなアイテムをご紹介。 前回のエントリー:『LOUIS VUITTONのマネークリップで...

 実は上記エントリーを書いたすぐ後にオーダーしたのですが、ちょっとした一悶着があり、約1ヶ月後の昨日無事に受け取ることができました。

発送されるまでの顛末

 オーダーして、オンラインでの支払いを済ましてからも一向に「発送した」という連絡が無かったため、こちらから問い合わせると「明日発送する」との返信が。「そう、ありがとう。発送したらまた連絡してね」と返したものの、それからも一向に連絡がありませんでした。これ、もしかしたらめんどくさい話になるのかなーと思いつつ、今度はTwitterの公式アカウントに「先週発送するってメール来たけどそれから音沙汰ない」とメンションを飛ばしました。

 すると、最初にメールをやりとりしていた人とは別の人からリプライが。「あなたのオーダーの詳細を教えて」というコメントと、メールアドレスが記されていたので、そのアドレスへ詳細を送りました。

 その方はすぐに返信をくれて、「残念ながらあなたのオーダーは未だ発送されていないの。実は今在庫を切らしていて。でも大丈夫、もうじき発送されるから」とのこと。「最初のヤツと言ってること全然違うな」と思いましたが、特に急ぎで必要としているわけでもないので気長に待つことに。

 それからまた連絡が途絶えたので、「で、僕のオーダーどうなった?」と再度問い合わせると、「おめでとう、昨日発送されたわ!」となんともタイムリーな内容の返信が。私は、「そう、良かった。出来ればトラッキングナンバーを教えて欲しいんだけど」と聞くと、「残念ながら、あなたの荷物にトラッキングナンバーは無いの」。

 「いったい何で発送したんだ」と思いましたが、めげずに「ほんとに?どのサービスで発送したの?」と聞くと、「USPS」で送ったとのこと。USPSとは「アメリカ合衆国郵便公社」のことで、Wikipediaで調べると見事に悪いことしか書かれていませんでした。

 さらに、「到着までだいたい6週間くらいかかる」と書かれていて、「いったいどこから送ったんだ」と思いましたが、特に急ぎで必要としているわけでもないので気長に待つことに…しようと思ったら1週間で届きました。そんな風にして手に入れたのがこれです。すみません、紹介する前にどうしても書いておきたかったんです。

最小限主義者の『NomadKey』

20141126_nomadkey_1

これがUSPSの封筒。

20141126_nomadkey_2

その中にはNomadKeyのパッケージ。

20141126_nomadkey_3

緩衝材的なものは一切なし。心配になるくらいミニマル。

20141126_nomadkey_4

Hello, Nomad.

20141126_nomadkey_5

20141126_nomadkey_6

iPhone5sとのサイズ比較。

20141126_nomadkey_7

先日購入したCheeroのモバイルバッテリーに装着。

20141126_nomadkey_8

Macbookに接続するとこんな感じ。邪魔にならなくていい。

20141126_nomadkey_9

8cmよりも少し短いくらい。

 受け取るまでは少しハラハラしたものの、モノはとても気に入りました。こんなに短いと使いづらそうと感じる方もいるかもしれませんが、実際これだけあれば十分です。無くしてみて「これだけで良かったんだ」って気付くものなのです。来週に迫った韓国旅行にも、もちろん持って行こうと思います。

 興味のある方は以下の公式サイトから購入できますが、Noahという男が出てきたら要注意です。

リンク:『NomadKey(NOMAD)

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク