スポンサードリンク

村上龍が考える「成功者の定義」とは

 先日、以下のエントリで紹介した村上龍の『自由とは、選びとること』という本。

村上龍の人生相談。「就職できない」「給料が増えない」というのは悩みではなく、立ち向かうべき現実です
 本棚の整理をするときに気を付けなければいけないこと。それは、「そういえばこんな本あったな」と、ついつい読み始めてしまうことだ。パラパラとペ...

 この本の中で、村上龍が「成功者の定義」として以下のように述べている。

 わたしは、以前『人生における成功者の定義と条件』という本の中で、「生活していけるだけの収入と充実感が持てる仕事を持ち、かつ信頼できる最小の共同体(たとえば家族)に帰属していること」と成功を定義しました。

 厳密には過去の著作からの引用なのだけれど、この文章はとても印象に残った。

 「生活していけるだけの収入と充実感が持てる仕事を持ち、かつ信頼できる最小の共同体(たとえば家族)に帰属していること
 
 「成功者」と言うと、もっと華やかなイメージを持ってしまいがちだけど、小説家として紛れもない「成功者」である村上龍が言うと重みがある。シンプルだけど、ものすごく的を射ているというか、的確だ。

 だが、これは裏を返せば、”生活していけるだけの収入と充実感が持てる仕事を持つこと”も、”信頼できる最小の共同体(たとえば家族)に帰属すること”も、現代においては容易ではなくなったという風にも受け取れる。

 実際、村上龍のこの発言は、「十分な収入は得ているが、仕事にやりがいを見出せない」という読者からの相談に対する回答の一部である。これに対し村上龍は、「ある程度の収入が保証された仕事を持ち、心身共に健康を維持できている。それだけで現代においてはポジティブだ」と続けている。

 自分の置かれた境遇、現実に対して、100%満足できている人は少ないかもしれない。「もっとこうなればいいのに」と、不満を募らせている人は多いだろう。私も、以前書いたことがあるけれど、現状に満足できないと感じることが多々ある。

ずっと、「何かが足りない」と思って生きてきた
 ずっと、自分には何かが欠けていると思っていた。何かが決定的に不足していて、常に満たされない思いでいっぱいだった。だけど、自分には一...

 ただ、村上龍の言うように、生活していけるだけの収入が得られて、健康な身体を維持できているということは、それだけですでに”ポジティブ”なことなのかもしれない。

 何も「現状に満足せよ」という意味ではなくて、「自分が思っているほど悪くないのでは?」という視点を持てるかどうかということだ。

 「自分は、自分が思っているほど悪くはないのかもしれない
 
 そういう肯定感が持てるようになると、いろんなものごとをポジティブに捉えられるようになり、自然と解決策を見出だせるようになるのかもしれない。

困難に直面したときは、心の状態をとりあえず「ポジティブ」に保とう
 ここ最近、ブログのテーマ(外観)でちょっとした不具合が発生していて、その対処にいろいろと手こずっていた。私はプログラミングに関してもデザイ...
スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク