スポンサードリンク

本屋でもインターネットでもない、新しい本との出会いの場

 私は、本屋が大好きだ。相変わらずこまめに足を運んでいるが、「何かおもしろそうな本を見つけよう!」という野心を持って行くわけではなく、ただ単に、本屋という空間が好きなのだ。もちろん、本屋の中にも「好きな本屋」と「あまり好きになれない本屋」があるのだけど、あの空間にいるとすごく気持ちが落ち着くし、大きなお店であれば何時間でも時間を潰すことができる。

 そして、たまーに「あ、これおもしろそう」と興味を惹かれる本に出会うことがある。たまたま通りがかった本棚とか、手にしようとした本のとなりにとか。頻繁にはないけれど、まれにそういう「偶然の出会い」に遭遇する。その「まれに」をどこかで期待しているから、足繁く通うというのもあるのだろう。

 だが、最近は紙の本よりも電子書籍を買う割合の方が高くなってきた。理由はいくつかあって、

  • 小説よりも実用書をよく読むようになった
  • 読みたくなったらすぐ欲しいので、必然的にKindleストアで購入するようになった
  • 定期的に開催されるKindleセールでさらに安価で購入できる

といったことが主に挙げられる。

 Amazonなどのネットショップでは、本屋でのそれとはまた違った「偶然の出会い」がある。それは、購入履歴や閲覧履歴からショップが利用者の趣向を判別し、「こういうのも好きではないですか?」と勧める、いわゆるリコメンド機能である。関連書籍と言っても膨大な数の中からピックアップされるので、「それ知ってるよ」というものもあれば、「あ、そんなのもあるんだ」という発見もある。コンピュータから本を勧められるというのも、冷静に考えてみれば変な話だけれど、そのリコメンドがものすごくツボをついてくることがあるのも事実だ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

想定範囲外のものとの、偶然の出会い

 本屋での買い物にしろ、インターネットでの買い物にしろ、これらに共通している点は「自分の想定範囲外の何か」との出会いがあるというところだ。本屋の場合は特に、自分の趣向や購入履歴などまったく関係なくさまざまなジャンルの本を目にする機会があるので、その傾向がより顕著だ。

 だが私は先日、このふたつのどちらでもない方法で、新しい本と出会うことがあった。今日はそのことについて書いてみたい。

 「いばや通信」というブログを書かれている、坂爪圭吾(@KeigoSakatsume)さんという方がいる。この人がどんな人なのかは以下のエントリーを読んで頂きたいのだが、その坂爪さんと先日、またお会いする機会があった。

参照:『イケダハヤト氏絶賛。家無し生活中の坂爪さんにお会いしてきた

イケダハヤト氏絶賛。家無し生活中の坂爪さんにお会いしてきた
 『まだ東京で消耗してるの?』というブログでおなじみ、イケダハヤトさん(@IHayato)が以下のエントリーで紹介されていた、坂爪圭吾さん(...

参照:『自分が相手に差し出せるものって何だろう

自分が相手に差し出せるものって何だろう
 他人から何かを学ぼうという姿勢は、とても大切だ。いったいどれくらいの人が、日々の生活の中で「他人から学ぶこと」を実践しているだろう。他人か...

 以前坂爪さんが、『【生活に最低限必要な10の荷物】所有物を減らすと圧倒的に身軽になる。ー 選択肢を増やすことが自由ならば、選択肢を減らすことも自由なのだ。』というエントリーで、「読み終えた本はプレゼントする」と書かれていたのを思い出し、もし自分が一冊プレゼントするとしたらどれだろうと考えた。

参照:『【生活に最低限必要な10の荷物】所有物を減らすと圧倒的に身軽になる。ー 選択肢を増やすことが自由ならば、選択肢を減らすことも自由なのだ。(いばや通信)

 村上龍が好きなのは知っていたが、それだとあまりにベタすぎるし、すでに読破しているに違いない。そこで私なりに「坂爪さんぽいの」という基準で選んだのが、ジャック・クラカウアーの「荒野へ」だった。これは私の大好きな映画、「INTO THE WILD」の原作である。

参照:『生まれ変わったら…なんていう人は生まれ変わってもやらない

生まれ変わったら…なんていう人は生まれ変わってもやらない
「INTO THE WILD」という、私が大好きな映画がある。大好きというか、人生でいちばん好きな映画である。  この映画は、...

 お会いして、喫茶店で喋っているときに、「せっかく荷物を減らしまくっているところあれなんですが…」とこの本を渡すと、「まじすか!これ読みたかったやつです!」と予想以上に喜んでもらえた。

自分がいいと思ったものを、相手にも気に入ってもらえる喜び

 自分が良いと思ったものを、相手にも同じように良いと思ってもらえることは嬉しい。私は他人にあまり本を勧めたりはしないのだけど、「この人にはこの本の良さを分かって欲しい」と思う人にはここぞとばかりに勧めたりする。

 すると、坂爪さんが今読んでいる本を見せてくれた。それは池澤夏樹の「スティル・ライフ」という本だった。この本も、坂爪さんが道中で出会った人から頂いたものだそうだ。
 私はものすごく偏った読書経験しかしていないので、この作家のことももちろん知らなかったし、あまり興味も惹かれなかった。でも何となしにパラパラと最初の数ページを読ませてもらうと…「お、おもしろそう…!」。

 あ、これおもしろそうですねと平静を装い返すと、「よかったらもらって下さい!」と、お返しにその本を頂けることになった。まだ半分しか読んでいないと仰っていたので、「いや、読み終えていないのに悪いですよ」と返すと、「どうしてもまた読みたければ、そのときまた手に入れます」と言って下さり、私はお言葉に甘えて頂くことにした。

どれだけ電子書籍が普及しても、紙の本にしかできないこと

 正直、帰ったら本屋で買おうと思っていたので、本を頂けたことは純粋に嬉しかったし、本を誰かから貰うという経験も初めてだったかもしれない。お互い、自分が興味を持った本を手に入れられたことで満足できたし、「本の交換」という行為自体が楽しいものだった。

 考えてみれば、これは電子書籍では絶対にできないことである。「これすごくおもしろい本で、でももう読んでないからあげるよ」というのは、紙の本でしかできないことだ。「もう読んでないからあげるよ」というのと、「この本おもしろいから自分でダウンロードして読んでみなよ」というのとでは、全然違う。

 私はこのとき、本屋でもインターネットでもなく、「人と出会う」ことで、新しい本とも出会うことができた。だから、新しい本と出会いたければ、色んな人に会ったほうがいい、ということを言いたいわけではない。ただこのときの体験が、私にとってとても貴重で、楽しい経験だったのだ。

 新しい何かと出会うということは、思わぬ副産物をもたらす。いつもの自分の守備範囲から少しはみ出てみると、思わぬ発見があるかも知れない。新しい何かと出会うことに対して、常に貪欲でありたいなと思える出来事であった。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク