スポンサードリンク

麻布テーラー 2015 春/夏のテーマは「ZERO」

 麻布テーラーから、2015 春夏コレクションの案内が届きました。

20150412_azabutailor_1

 「azabu zero infinity. Cool, Light & Function」と銘打たれた今期のテーマ。”Zero infinity”というコンセプトには、二つの思いが込められているとのこと。

 まずは、浸透しつつある日本式の「クールビズ」について、以下のように書かれています。

環境省が提案したクールビズの指針は、環境に対する意識が中心であった為、結果としてサマースーツの上着とネクタイを外しただけのスタイルが多く出現しました。さらに、スーパークールビズの出現により夏のビジネススタイルの簡略化がいっそう進み、品格とファッション性が伴っていない日本独自の夏のビジネススタイルが浸透してしまっています。(azabu tailor 2015 SPRING & SUMMER コレクションより)

 ただ着るものを少なく、簡略化しただけの「日本式」クールビズには、品格とファッション性が伴っていないという指摘。確かに、ただネクタイを外すとか、ジャケットを脱ぐだけではなく、減らしたあとのバランスも大切なのではないかと思います。

 そこで、麻布テーラーが提案しようとしているのが、二つの「Zero」。

20150412_azabutailor_2

一つ目は、ビジネスドレスコードが崩れている日本独自の夏のビジネススタイルの原点に戻り、麻布テーラーがCOOL BIZの”ZERO”という照準を目指したいという想いです。紳士服の起点(ZERO)とも言えるフォーマルウェアを筆頭に正しい服を今一度見直し、現代的な完成をプラスした麻布流のサマービジネスルックを提案したいと考えました。(azabu tailor 2015 SPRING & SUMMER コレクションより)

 原点回帰という意味での「ZERO」。特に、「正しい服を今一度見直す」というフレーズには、紳士服ブランドとしてのプライドが感じられます。

二つ目は、我々が直面している節電やエコロジーという環境を認識し、着用感を”ZERO”のような軽さと涼しさを合わせた機能、そしてファッション性を満たした本当の意味でのCOOLなスタイルを提案したいという想いが込められています。(azabu tailor 2015 SPRING & SUMMER コレクションより)

 「涼しい、冷たい」という意味でのCOOLと、「カッコいい」という意味でのCOOL、その両方を満たすスタイルを提案していきたいとのこと。快適さばかりを優先した結果、見た目的に決して美しくない格好というのも存在します。カッコよさという意味でのCOOLを疎かにしてはいけないという考え方にはとても共感できます。

 外国では、真夏でもスーツを着ている日本人に対し、「なんでこんなに暑いのに日本人はスーツを着ているんだ?」と不思議がられることもあるようですが、私はそういう「正装にこだわる」という日本人独自の美意識のようなものが好きです。それに、外国人だって真夏にスーツ着なきゃいけない職業だってあるはずですしね。

 私は仕事でスーツを着ることはありませんが、仕事着というのは着る回数も頻度もいちばん多いもの。だから、私服にこだわるのと同じように、仕事着にもきちんとこだわりを持ちたいなと思っています。

 麻布テーラーから定期的に送られてくるこういったパンフレットは、定期的に自分の格好を見直し、文字通り「襟を正す」ために、とても役立っています。

20150412_azabutailor_3

20150412_azabutailor_4

20150412_azabutailor_5
※アウトドアバッグブランドの「OUTDOOR」製のガーメントケース

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク