スポンサードリンク

毎日、何かを続けること

 私の好きなフィルムメーカーで、Casey Neistatさんという方がいる。
 過去のエントリーで紹介したことのある、以下の動画を作った人だ。

 彼は主に、製作した動画をYoutubeにアップロードしている。「Youtuber」なんていう言葉がまだ一般的ではなかった頃から、コンスタントに動画をアップし続け、そのうちのいくつかは1,000万回以上も視聴されている(先に紹介した動画もそうだ)。
 私は彼のYoutubeアカウントをチャンネル登録していて、いつも更新を楽しみにしている。

 彼はもともと、まったく素人の状態から動画製作を始めたそうだ。機材も、ノウハウも何も無いまま、「とりあえず作ってみた」のだという。

 このあたりのエピソードについては、「ICHIROYAのブログ」の@ichiro50さんが詳しく書かれている。

参照:『勇気を奮って飛んでみた、そして飛べたのに、飛び方が下手だという人たち(ICHIROYAのブログ)

 そんなCaseyさんが、34歳の誕生日であった今年の3/26から、ある試みにチャレンジされている。それは、「毎日動画をアップロードする」というもの。

 「A Big Announcement」と題した以下の動画が、記念すべき最初の1本だ。

 ここ最近は、とてもたくさんのこと(結婚、二人目の子ども、新しいビジネス、、、)が立て続けに起こり、これほど多くのことを経験していることは今までなかったけれど、その分満足に動画を製作できていないのだという。
(余談だが、彼は17歳のときに父親になった。彼の動画にたびたび登場するOwenが一人目の息子だが、彼はめちゃナイスガイだ。)

 そんなタイミングであえて「毎日動画を製作する」というノルマを自分に課す彼から学べることは、「時間がない」とか「忙しい」というのは、何かを「できない・やらない」ほんとうの理由にはならないということだ。

 実際、Caseyさんは今日までかかさずに動画をアップし続けており、昨日の時点で21本公開されている。
 BLOGならぬ”VLOG”と題したそのシリーズは、どれを見ても一定のクオリティで製作されており、決してやっつけ仕事などではない。

 動画を毎日アップし続けることと、ブログを毎日更新すること、どちらがより大変だろうか。
 もちろん、そんなのは人それぞれ、向き不向きの違いはあるのだろうけど、いろんな理由をつけて「書かない」でいる自分にもっと喝をいれなければいけないなと思わされた。

 毎日、何かを続けることは、大変だ。
 だからこそ、毎日淡々と何かを継続している人を尊敬する。

 あなたは毎日継続できていること、何かありますか?

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク