スポンサードリンク

【香川旅日記 豊島編⑧】あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする。

 海のレストランで腹ごしらえをした後は、再び家浦港を目指して自転車を漕ぎだす。家浦港は出発地点なので、もうすぐで島を一周りすることになる。

 私は小刻みに立ち止まって写真を撮ったり、島キッチンでちょっと昼寝をしたりしていたので、島を一周するのに3時間近くかかってしまったけれど、単に島を一周するだけなら自転車で1時間ほどしかかからない。
 豊島は、大きすぎず小さすぎず、ちょうどいい大きさの島だと思う。

20150623_ilvento_1

20150623_ilvento_2

 家浦港の近くに、イル・ヴェントというカフェがあったので立ち寄ることに。Hibilogというブログを書かれている青木さん(@yuuu_a)もブログ紹介されていた、ちょっと変わったカフェだ。

20150623_ilvento_3

20150623_ilvento_4

 このカフェは、正確にはドイツのトビアス・レーベルガーが空き家を改装してつくった「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」という作品の中にオープンした施設だそうだ。

 写真のように、視覚的にかなりインパクトのある外観や内装となっている。なんとなく楳図かずおを連想してしまったのは私だけだろうか。

20150623_ilvento_6

20150623_ilvento_7

20150623_ilvento_8

20150623_ilvento_9

20150623_ilvento_10

20150623_ilvento_11

20150623_ilvento_12

20150623_ilvento_13

20150623_ilvento_14

 このイル・ヴェントを最後に、私の豊島散策はひと通り終了した。その後は家浦港の回りを自転車でブラブラしたり、海辺でひたすらボーっとしたりして時間を潰していた。
 次回のエントリは、今回の旅の統括について書いていこうと思う。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク