スポンサードリンク

ランニング2年目の振り返りと今後の目標

 ランニングを始めて昨日でちょうど2年が経った。1年前にも同じようなテーマで書いていたので、今日はランニング2年目の振り返りと今後の目標について書こうと思う。

 今月でランニングを始めてちょうど1年が経った。今までも走ることについては何度か書いたことがあるけれど、1年という節目を迎えたので改...

 まずは総ラン距離の比較から。1年目は1,343kmで、月に平均するとだいたい112kmほどだった。それが2年目は2,449kmと、1年で1,106kmも増えた。倍とまではいかなくとも、8割ほど伸び、月平均は200kmを越えた。月別の内訳は以下のとおり。

距離 平均タイム
2015/09 209km 5’24″/km
2015/08 263km 5’30″/km
2015/07 227km 5’23″/km
2015/06 182km 5’13″/km
2015/05 202km 5’00″/km
2015/04 194km 4’55″/km
2015/03 216km 4’51″/km
2015/02 172km 5’04″/km
2015/01 137km 5’06″/km
2014/12 190km 4’39″/km
2014/11 195km 4’39″/km
2014/10 162km 4’40″/km

 2年目はいくつか印象に残っている出来ごとがあった。
 まずは市内のシティマラソンに出場し、10kmの自己ベストを更新したこと。初めてこういった大会に出場したけど、大勢で走るとやっぱりつられてペースが上がり、結果的に自分でもビックリするくらいの好タイムで走り切ることができた。たまにはこういう大会に出て競い合うのも大事だなと思った。

 本日11月9日、滋賀県彦根市で開催された彦根シティマラソンに参加してきた。こういった大会に出たことはなかったのだけど、ランニングを始めて1...

 次に、初めて20kmランに挑戦したこと。10km地点を過ぎて「まだこれから10km走るのか…」と途方に暮れたのを覚えている。初めてランニングの最中にトイレに立ち寄ったし、17kmからの残り3kmが異様に長く感じられた。それでも、kmあたり5分を切るペースで走れたのでなかなか上出来だったのではないかと思っている。これからは毎月一回は20kmを走ろうと張り切っていたのだけど、結局20km走ったのはそのときの一回きりだった。

 飽き性の自分がランニングを2年も続けられるなんて、最初はまったく思っていなかった。どうせすぐに止めるんだろうなと思いながら、取りあえず家の周りを3kmほど走った日のことをはっきり覚えている。不思議なもので、私はどうでもいいような理由で始めたことのほうが長続きするみたいだ。ランニングを始めたのもブログを始めたのも、いちばんの理由は「ヒマだったから」だ。

 けれども、そんな飽き性な自分だからこそ、継続できていることは大切にしたいなという思いがある。意図して、もしくは意図せずとも、継続して取り組めていることに対しては自分なりに真剣でありたい。それくらい、自分にとって長く何かを続けられるということはとても意味を持つことなのだ。

 今までも、今月は100km走ろうとか200km目指そうとか、自分なりに目標を設定して取り組んできたつもりだったけど、3年目はもう少し大きな目標にチャレンジしたいなと思っている。というのも、10kmくらいならジョギング感覚で走れるようになったので、マンネリとまではいかないが手応えが薄くなってきている感じがするからだ。

 じゃあどんな目標を立てるのかというと、それはもうフルマラソンしかないと思う。42.195kmという距離を想像すると、「20km走ったあとにまた20km走って、それでもまだ終わらないのか…」と、正直考えたくなくなってくるのだけど、走りながらどんな感覚に陷るのか、走り切ったあとにどんなことを感じるのか、興味はものすごくある。

 思えば、初めて10km走ったときも、自分が何か違う世界へのラインを跨いだような、不思議な感覚になったことを覚えている。それはとても心地いい感覚だった。

 もちろん、フルマラソンを走り切ることは10km走ることとはわけが違う。「走り切れない」という可能性だって大いにあると思う。それでも、新しい目標を立ててそれに取り組むこと。達成のための努力を惜しまず、それに挑むこと。私が走ることを通じて得ているのは、そういった姿勢の有り様である。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク