スポンサードリンク

誰かに写真を見せるということ

20160211_picture_01

 自分は「写真が趣味です」と言えるほど写真やカメラに傾倒しているわけではないけれど、最近は写真に対する向き合い方というか、接し方が変わってきたように思う。記録や記念としてではなく、自分の「作品」としての写真が撮りたい、そんなふうに思うようになった。

 Instagramは楽しいし、僕自身もよく使っているのだけど、やっぱりスマホの小さな画面で写真を見るのはなんだか味気ない。それがどんなに美しく、カッコいい写真だったとしても、サイズが小さくなるだけでその魅力が半減してしまうような気がするのだ。

 村上龍が『ラストワルツ』というエッセイの中で、「大きさというのは、それだけでパワーなのだ」ということを書いていて、それは写真にも当てはまるんじゃないかと思っている。

 僕がいつも読んでいるブログの中には、文章がいっさいない、写真だけの投稿をされているものがいくつかある。それを見ていると、純粋に「ああ、こういうのいいな」と思うようになり、作っただけで放置してあった写真ブログを再び始めることにした。

 最近ではいちおう、毎日何らかの写真を投稿するようにしている。といっても、毎日写真を撮っているというわけではなくて、撮り溜めてあるものの中からその日の気分でピックアップしているだけだ。それでも、選ぶときは真剣に選ぶし、自分が「これだ」と思うものしか投稿しないようにしている。

 自分は何のために写真を撮るのだろうと考えたときに、それはやっぱり誰かに見せるためだ、というのが大きな理由としてある。撮った写真を自分の部屋でひとりで見返して越にひたる、みたいな趣味は僕にはない。やっぱり、撮った写真を誰かに見せて「カッコいい」とか「綺麗」だとか言われたい。つまり、自分の作ったものを褒められたい、そんな俗っぽい欲求が、かなり大きな割合で自分の中に存在している。

 そうなるとやはり、自分の撮った写真を発表する場が必要になってくるわけだけど、それはInstagramでもブログでも、なんだっていいと思う。ただ、誰かに見せる以上はやはりちゃんとしたものを見せたいし、見た人に何か感じてもらえるようなものにしたい。

 最近ではInstagramも写真ブログのほうも、自分のポートレートを作るような感覚でやっている。デザイナーでもミュージシャンでもない自分が、「自分の作品です」なんて言って何かを発表することなんて、少し前では考えられなかった。でも今は、インターネットやSNSのおかげで、それが簡単にできるようになった。

 だから、やるからには真剣にやりたい、いいものを作りたい、そう思いながらやっている。

 写真を撮ること、そしてそれを誰かに見せること。それらを通じて、僕は何らかの創作活動にまがいなりに従事できているという実感を得ることができる。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク