スポンサードリンク

フィルムカメラで撮るモノクロの世界

20160316_filmcamera_01

 最近はデジタルカメラではなく、モノクロフィルムをセットしたフィルムカメラだけを持ち歩くことが多くなった。フィルムカメラの楽しみは、撮ることそのものよりも、仕上がりまでの時間にあるのではないかと思うほど最近はフィルムにはまっている。

 モノクロは、フィルムや現像、プリントにお金がかかるので、デジタルとおなじような感覚で撮り続けることはできない。けれども、そういう「制限された」感じが僕は好きで、デジタルよりもフィルムのほうが性格にあっているのかも、なんて思ったりもする。

 1本のフィルムで撮れる枚数が決まっているので、「今日は何枚しか撮れない」とか「今日は何枚撮りきったら終わりだ」という感じで撮り始める。「これは良さそうだ」と思ってファインダーを除くとイマイチだったので撮るのを止めたり、逆にファインダーを覗かずに勘で撮ったりもする(モニターがないので体勢によってはファインダーが覗けないのだ)。

 また、デジタルカメラのように、シャッタースピードや絞りを変えたからといって、ファインダーから覗く景色が変わるわけではない。デジタルの場合だと、明るさが変わったりボケ具合が変わったり、リアルタイムで確認することができる。でもフィルムの場合はそういう変化がないので、ある程度決め打ちで撮る必要がある。言ってしまえば、「よく分からんけど撮ってみるしかない」のである。

 そんな割りきった感じが僕はけっこう好きで、デジタルカメラをちまちまイジりながら撮るよりも、シャッタースピードも絞りも固定して、構図と被写体で勝負だ、みたいなのを楽しんでいる。

 今日初めてモノクロフィルムを現像に出してきたのだけど、思ったよりも上手に撮れているもの、そうでないもの両方あった。でも、やっぱりプリントした写真を手に取るとなんとなく感慨深いものがある。プリントも、ふつうのカメラ屋さんでやるよりも専門の業者へ依頼したほうが仕上がりが綺麗ですよと言われたので、今回現像したものの中から何枚かをお願いしてみようと思う。ただ、2Lという一般的な写真の2倍サイズだと、1枚500円もするらしい。フィルムはお金がかかるよと言われた意味をようやく理解した…

 また、同じく専門の業者に頼めば、ネガをデジタル化してDVDに焼いてもらえるらしい。僕はフィルムで撮った写真もデジタル化して残しておきたいので、こちらも今度やってみようと思う。フィルムで撮った写真をスマホで見るなんて、いかにも現代的な楽しみ方だなと思う。

 というわけで、最近はモノクロフィルムにハマっているというお話でした。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク