スポンサードリンク

DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展、今出川 Knot cafe、正義の餃子

 前回からの続き。

京都 先斗町を歩く
前回からの続き。  朝食を食べ終えたら、ひとまず四条へ向かうことにした。いくつか行きたいところはあったものの、まだ時間が早いの...

 同行者が行きたいと言っていたのが、今出川にある『knot café』。ここのだし巻きサンドがすごいんだそうだ。彼女は今朝からたまごサンドに対する異常なほどの執着をみせており、他にもいくつかあった候補の中から最終的にこのお店に決めた。

knot cafe 由緒ある北野天満宮のそばで、『ヒトとヒト』、『モノとモノ』、『コトとコト』を結ぶカフェです。日本初上陸となるニューヨーク・ブルックリンからセレクトしたコーヒー『CAFE GRUMPY(カフェ・グランピー)』、同じくチョコレート『nunu chocolates』と北野で由緒ある老舗お菓子やさんのコラボ...

 ただ、いかんせんまだそこまで腹は減っていない。多少歩いたものの、まだ昼食にも早い時刻だったので、そのお店の近くにある「立命館国際ミュージアム」でやっている『DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展』を見に行くことにした。

立命館大学 国際平和ミュージアムは、過去の歴史に学び、未来の平和を願って開設さた博物館です。過去の戦争の実態を伝えるとともに現代の戦争やその国際背景についても学ぶことができる展示や研究、教育を発展させることを目的としています。

 その前に撮った写真をいくつか。

 視線の先はこれ。全然うまく撮れなかった。

 以前にも京都で報道写真展を見たことがあるのだけど、僕はそういった類の写真が好きだったりする。報道写真というと、いわゆる「世の中の悲惨さ」を伝えようとする写真が多いけれど、そういった写真が持つインパクトというのはやはり凄まじいものがある。自分で撮りたいとは思わないが、撮ろうとする人たちの気持ちは何となく理解できるような気がする。

 写真展を見終わるとバスで4駅ほど移動して、目当てのknot cafeを目指す。お店はとてもおしゃれで、こぢんまりとしていた。ちなみに写真は下の1枚しか撮っていない。

 肝心のだし巻きサンドはというと、想像していたのよりかは一回りくらい小さかった。僕はてっきりハンバーガーくらいの大きさのものが出てくるのかと思っていたのだけど、手のひらに乗るくらいのサイズだった。まあ300円ちょっとだからこんなものか。

 中途半端に食べてしまったので余計に腹が減ってしまった。我々は四条を出る途中でひと口餃子のお店の前を通りかかったのだが、ふたりともそのことが脳裏に残っていたようで、「餃子食べたい…」となってしまった。餃子…。

 結局四条までまた戻ることにして、餃子を食べに行くことにした。餃子熱というのは、日曜日の昼下がりの睡魔と同じで、自分の意志で取り除くことが極端に困難である。

 が、先に通りかかったお店は夕方からしか空いておらず、結局は餃子の王将に腰を落ち着けた。にんにく抜き餃子2人前と瓶ビールで、ようやく我々のお腹は満たされた。餃子2人前とビールで1,000円もかからない。餃子の王将は、正義である。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

気に入ったらシェア!

スポンサード リンク
スポンサード リンク