BOSE ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free wireless headphones」を買ったのでレビュー

 先日の「いま欲しいモノのリスト」というエントリで紹介した、BOSEのワイヤレスイヤホンを購入したので簡単にレビューします。

いま欲しいモノのリスト。2018年9月 | The fragments

購入に至った経緯

 今回イヤホンを新調したのは、それまで使用してきた同じくBOSEのイヤホンがもうボロボロになり、買い替えのタイミングだったからです(というか、買い替えのタイミングはとっくに過ぎてた)。
 音楽を聴くのが大好きなので、出掛けるときはいつも持ち歩いていたし、ランニングのときにも使っていたので、こんな感じであちこち破けて、中のケーブルが見えてしまっています。

 もともとワイヤレスにしようと思っていたわけではなかったけれど、ランニングするときにケーブルが邪魔になるし、汗で消耗も早くなってしまう。また、腕にiPhoneを巻きつけてランニングするのもちょっとうっとおしかったので、Apple watchの購入も検討していたタイミングでした。
 Apple watchはもちろん、最近のiPhoneはイヤホンジャックすらなくなってしまったので、今後も長く使うならBluetooth式のワイヤレスイヤホンだろうということで、今回初めてワイヤレスタイプを購入することに。

 購入はAmazonで、いちおう5年の延長保証も付けました。価格ドットコムで調べると定価より3千円ほど安い店もあったのですが、そういうお店は延長保証が高かったりして、結局総額的には大差ありませんでした。もし延長保証を付けないのであれば、価格ドットコムで最安値のお店で購入するのがよいと思います。

良かった点

 まず実際に使ってみて良かったところ。
 当たり前といえば当たり前ですが、ワイヤレスなので圧倒的に取り回しがいいです。
 ケーブルという、物理的に自分の身の回りにまとわりつくものがなくなるだけで、こんなに快適でストレスフリーなのかと驚きました。自分はカメラやサコッシュを肩から斜め掛けすることが多いので、有線タイプのイヤホンだとよく引っかかったり絡まったりしていたのですが、ワイヤレスだとそんなことはまったくありません。なんなら、持ち歩くモノがひとつ減ったくらいの感覚です。

 音質ですが、BOSEならではの重低音押しの音質で、こちらも満足しています。もともとBOSEのイヤホンを使い始めたのもその重低音が好きだったからなので、特に違和感もありません。ただ、SONYなどの国産メーカーとはまた違った音質になると思うので、国産メーカーから乗り換えられる方は好みが分かれるかも知れません。

 また、専用のアプリ「BOSE CONNECT APP」を使えば、万一無くしてしまった場合でもトラッキングすることができます。イヤホン自体にGPS機能が付いているわけではなくて、iPhoneとのペアリングが切れた位置を記憶して、紛失したであろう場所を特定できるというもの。ワイヤレスイヤホンのいちばんの懸念というか、心配ごとが「紛失」だと思うので、こういう機能があると安心ですね。

気になる点

 次に気になる点です。
 ワイヤレスイヤホンなので、当然ながら充電が必要です。ある意味、便利さとはトレードオフなのかも知れませんが、今まではイヤホンのバッテリー切れなんて気にしたことなかったので面倒と言えば面倒。また、イヤホンは専用のケースで充電するので、そうなるとその「ケース本体の充電」も必要になってきます。充電するために充電する、みたいな。こういった充電ありきのアイテムが身の回りに増えていくのはあまり望ましいことではないですが、こればかりは避けようがないですね…。

 また、以前使っていた有線タイプには一時停止やスキップ、音量調整をするためのリモコンがついていました。

 今回購入したワイヤレスタイプにもあることはあるのですが、イヤホン自体についているため、有線タイプのリモコンに比べるとどうしても操作性に欠けます。これは慣れかもしれないので、もう少し様子を見ます。

より身軽な生活へ

 ワイヤレスイヤホンを使い始めていちばんに懸念するのがイヤホンの「紛失」。すなわちすぐに外れちゃって無くしちゃうんじゃないかってことだと思います。でも、そもそも「耳から外れやすいかどうか」というのは有線 / 無線とは関係ありません。というよりもむしろ、ケーブルが何かに引っかかったり絡まったりして外れてしまう方が多いんじゃないでしょうか。

 心配なのはその後で、外れてしまったイヤホンがどこかにいってしまうことですが、まず自分の耳からイヤホンが外れたら、普通気づきますよね。気づいたら耳からイヤホン外れてたって、とても特殊な状況だと思います。なので、万一イヤホンが外れて落としてしまったら拾えばいいだけで、紛失してしまう状況というのはとても稀なのではないかと思います。めちゃくちゃ暗闇で落としたとか、ビルの屋上から落としたとかなら別ですが。

 気になる点としてあげた「充電問題」ですが、充電MAXの状態で5時間くらい持つみたいなので、ランニングしたり、ちょっと出掛けるときに使う分にはまったく問題なさそうです。不足するのは長時間移動するときくらいですが、そのときは充電器を持ち歩けばいいだけで、さほど問題にすることもないように思います(充電器もこれくらい小さいし)。

 また、充電器は専用のUSBケーブルで充電するので、先日紹介したこのモバイルバッテリーが使えます。なので、最悪このモバイルバッテリーさえ充電できていれば、iPhoneもこのイヤホン(の充電器)も充電することができます。

2,000円で買えるTSUNEOの大容量モバイルバッテリーがiPhoneにもカメラにも使えて便利そう | The fragments

 先にも書きましたが、このイヤホンを買って自分がまたひとつ身軽になれた気がして嬉しいです。ワイヤレスイヤホンって、見た目的にもあまりイケてない印象を持っていたのですが、そんなもの吹っ飛ぶくらいに快適で便利です。移動するときは常に音楽を聴いていたいという人には、とてもオススメできるアイテムです。

SoundSport Free wireless headphones | BOSE公式サイト