Off-White™ のインダストリアルベルト・カメラストラップ

 先日、世界一ホットなブランドに登り詰めたとしてニュースになったOff-White™ 。

Off-White™ が名だたるトップメゾンを抑えて遂に“世界一ホットなブランド”に登り詰める | HYPEBEAST

 パーカーやTシャツでも数万円するようなブランドなので、なかなか手は出せないけれども、キーチェーンとボディバッグを今年購入して愛用している。

 Off-White™ のアイテムの中でも特にポピュラーなのが、インダストリアルベルトと呼ばれる長さ200cmもある布製のベルトだ。

Off-White™ が 流行りのインダストリアルベルトの着用方法をビデオで紹介 | HYPEBEAST

インダストリアルカメラストラップ

 このインダストリアルベルトを使ったとされるカメラストラップが一時期話題になり、模倣品が大量に出回ったことがあった(今でもメルカリやヤフオクでコピー品を見つけることができる)。
 僕もこのカメラストラップはとても気になっていたのだけれど、特定の期間・地域のみで発売された限定品だったのか、その後は再販されるという噂も情報もなく、取り扱っているショップを見つけることもできなかった。

 ところが先日、Off-White™ の公式インスタグラムのストーリーズでこのカメラストラップが”In store now”として紹介されたため、急いで公式オンラインショップにアクセスしてみると、確かに”INDUSTRIAL CAMERA STRAP”と冠したカメラストラップが発売されていた。カラーは定番のイエローに加えブラック、ピンクの3色展開で、価格はEUR190.00。

 その時点ではまだ日本で販売を開始しているショップはなかったため、これはまた日本では発売されないパターンかもしれないと思い、ほぼ条件反射で購入ボタンを押してしまっていた。公式オンラインショップは国外への発送にも対応しているため、所定の送料を支払えば問題なく購入することができる。

イタリアから4日ほどで到着

 Off-White™の製品は、そのほとんどがイタリアのミラノでつくられている。このカメラストラップも、イタリアからDHLで発送されてきた。
 送料はEUR30.00で、商品代と合わせてEUR220.00。金曜日に発送通知がきて、翌週の月曜日には届いたので、思ったよりも早かった。いちおう個人輸入という扱いになるけれど、日本国内での関税、消費税はいっさいかからなかった。

 内容物はストラップ本体に加え、ステッカー、インボイス(納品書)、ギャランティ。

実際の使用感

 届いたばかりで、まだ外に持ち出してはいないのだけど、ストラップ長は143cmとやや長め。アジャスター部分で調整して、ちょうど良い長さにすることはできたものの、余った部分が少し気になる。しばらくはこれで使ってみて、それでも気になるようなら余り部分をカットしてしまおうと思っている。

 カメラストラップと言えば、先日ブログにも書いた通りAcruのカメラストラップ(こちらも限定モデル)を購入したばかりなので、短期間に2本もカメラストラップを購入したことになる。

FUJIFILM X-Pro2とAcru ショルダーカメラストラップ 「カシェ・レッタ for LEICA」は最高の組み合わせ

 まあ、このAcruの方はいつかLeicaを買ったときのためにとっておこう(なんせfor LEICAモデルだし…)。