乾燥する肌の保湿用にAesopのポストシェーブ ローションを買った

 11月に入り、朝夕はめっきりと寒くなった。そのせいか、洗顔後に肌がつっぱるような感じがして、目で見てもわかるくらい乾燥している状態が続くようになった。
 これまでも冬の時期は市販の乳液を買ってつけていたのだけど、今回はいつもと違うものを試してみようと思い、Aesopへ足を運んだ。

 Aesopはハンドバームをここ4年くらい愛用しており、とても気に入っているメーカーだ。けれど、市販品のものに比べすこし値が張るので、他のスキンケア用品にはなかなか手が出せないでいた。

【愛用品シリーズ/001】Aesopのハンドバーム レスレクション

 でも考えてみると、現在愛用しているハンドバームは昨年の8月に購入したものをまだ使っている。購入するときは「ハンドクリームに4千円か…」と迷いはしたものの、使っている期間のことを考えるとむしろ割安なんじゃないかと考えるようになった。イニシャルコストは多少かかっても、良いものを長く使える方がいい。

 Aesopで店員のお姉さんに事情を説明すると、始めは乳液を勧められた。
 Aesopにはモイスチャライザーのくくりの中にも乳液とクリームがあって、クリームはかなりヘビーな部類に入るので、最初は乳液から使い始めるのが良いとのことだった。
 
 実際に手に塗ってもらうと、そこまでベタベタせず、とても使いやすそうだったので値段を聞くと「6千円くらいですね」と言われたので、「6千円か…」とまた思い悩む。
 「もうちょっと安いの無いですかね」と貧乏人根性丸出しで聞いてみると、それでしたらこちらがお勧めですと差し出されたのが、今回購入したポストシェーブ ローションだった。

 ポストシェーブ ローションはその名のとおり、男性のアフターシェーブケア用として作られた製品なのだけど、その女性の店員さんも使っているらしく、男女問わず使える製品なのだそうだ。
 どちらかというとさっぱりしていて、ローションという名前のとおり、さっと肌につけることができる。これだと乳液よりも少しだけ価格が安いので、まあ最初だしこれから使ってみるかということで購入した。

 実際に使い始めてまだ数週間だけど、それまでのつっぱり感や乾燥状態はいっきに解消された。それでいて肌がベタつくということもないので、いまの自分にはぴったりな選択だったかなと思っている。もちろんアフターシェーブローションとしても使えるし、僕に説明してくれた店員さんのように女性でも使える製品でもある(アフターシェーブローションと聞いて思い浮かべるあの独特な匂いはまったくない)。

 次はトナー(化粧水)もAesopにして、最終的に洗顔石鹸もAesopのものに変えてみようと思う。お金かかるけど…。